建築

2016年12月25日 (日)

備忘録「最近の出来事などなど」と「城 EXPO」

ブログの更新が相変わらず滞っております。
まったくもってタンザニアのイカンガー?であることは重々承知しております。
11月は横浜はみなとみらい大ホールで行われた全日本高等学校吹奏楽大会を拝聴したり、
赤レンガで行われたバンフ・マウンテン・フィルム・フェスティバルでアウトドア系の映画を鑑賞したり、
地元横須賀で行われたベイサイド・ポケット寄席で落語なんぞを楽しんでおりました。

で、月は変わり12月は横浜はNHK文化センターで開催された「ル・コルビジェの住宅」なる特別講座を受けたり、
18日はクラブ・ワールドカップを日産スタジアムで観戦し大いに盛り上がり、
先週は「城 EXPO」なる催し物に行ってきた。

Top_mv

実はワタクシ、以前より日本全国の城巡りをしてきた隠れ城マニア?なのである。
熊本地震で大変な被害を受けた熊本城は15年前に訪れており、その壮大な石垣に甚く感動した記憶がある。
で、その崩れ去った石垣の映像を見て何故こうも脆くも崩れたのか?という疑問がふつふつと湧き上がってきたのである。
城の石垣はそう簡単には崩れないという強い思い入れもあり、
その答えの手掛かりを探りたいということで今回の催しに参加したのである。

特に厳選プログラムの一つである「信長が登用した穴太衆とその石垣」には大いに興味があった。
穴太衆は(あのうしゅう)と読み、日本の近世初期にあたる安土桃山時代に活躍した石工の集団のことで、
文献に初めて表れるのは信長が築城した安土城からで石垣に天守閣が上がる最初の城でもあり
この安土城から穴太衆による石垣を使った城が全国に広がっていったのである。

穴太衆の“技”は400年間変わっていないという話を穴太衆の末裔である粟田建設の15代目がいみじくも話しており、
その“技”は現代土木技術にも応用されているという。
では「何故熊本城の石垣は崩れたのか?」という疑問について、今回の講演では詳しくは述べていなかったのだが、
以前放映されたテレビ番組でのアーカイブがたまたま見つかった。

15代目の粟田社長は、「ニュース映像などを見る限りでは」と前置きしたうえで、「石垣は何度も修復を重ね、
ある時期に直した箇所がごっそり崩れ落ちた可能性が高いのでは?と話していた。
そして穴太衆が関与していない工事もあり、「穴太衆の技なら、一部の石が落ちても石垣は崩壊しない」とも語っていた。

特に戦中・戦後の混乱期に行われた石垣の修復工事について、まともな資料が残っておらず経緯は不明で、
再建・改修を重ねて今日の姿になった名城ほど、技術的には“つぎはぎ”だという。

まだ正式には熊本城の石垣の修復工事については要請がないが、あれば是非再建に協力したいと、
また、今後の夢については、まだ一度も城の石垣を最初から作ったことがないのでこれをやりたいとも語っていた。
15代目の粟田社長の話を聞いて、近江は比叡山山麓にある穴太の里である坂本を是非訪れてみたいという想いを感じた今日この頃である。

Dsc05276

特別展示されていた熊本城の石垣の一部の謎模様なのだが・・・・謎が謎を呼ぶ摩訶不思議な模様である。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 1日 (月)

神奈川県立近代美術館鎌倉(鎌倉市、通称カマキン)が閉館!

ワタクシの人生と共に歩んできた?通称「カマキン」が1月31日で一般公開を終え、3月末に閉館となる。
で、最後の展覧会が開催されているので先月見納めに行ってきた。

通称「カマキン」、正式名称は神奈川県立近代美術館鎌倉が開館したのは戦後間もない昭和26年である。
設計はアノ!ル・コルビュジエの弟子である坂倉準三である。
そういえば「カマキン」でも「坂倉準三展」が催されたことがあった。

今後は耐震補強を施し、鶴岡八幡宮に譲渡されて文化的施設として使用されるというが詳細は不明である。
鉄骨の架構に大谷石を積み上げて壁を構成している1階ピロティ部は構造的に補強が必要で耐震補強後はその軽やかな姿はまず拝めないだ ろう。

ワタクシも幾度か訪れる度に抱く感情がある。
それは建築デザインに対するプリミティブな情熱である。
それも今後はもう感じられなくなると思うとチト、サビシイ・・・・と感じる今日この頃なのである。

111

222

333

444

555

 

666

777

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 7日 (木)

手斧始式

毎年1月4日に鎌倉は鶴岡八幡宮で「手斧始式」(ちょうなはじめしき)という神事が執り行われている。

Ccc

元々は源頼朝が現在の地に八幡宮を建てた時に、造営事始の名の下に手斧始めの神事を行なったのが始まりで、今では八幡宮で行なう年中の営繕の行事始めであるとともに鎌倉全市の工事始めとして、毎年1月4日鎌倉在住の建築業者によって挙行されている。

古来より大工道具の三種の神器とされてきた差し金(サシガネ)あるいは曲尺、手斧・釿(チョウナ)、墨壷(スミツボ)を主役に鋸、槍かんな、などの道具を使い古式ゆかしい大工職人の仕事を再現している。

これらの道具の中で手斧・釿と槍かんなは今では使われることはほとんどないだろう。
宮大工の仕事で使うことはあっても今では電動工具が主役である。

で、この手斧・釿は主に柱や梁など用材の荒削道具として使われてきたのだが、大工道具の生きた化石ともいわれ、古墳時代の鉄製の出土物にも見られる道具なのである。西暦紀元頃の登呂の遺跡の木製遺物にも釿で加工したような痕が残っているという。

この様な神事は日本全国の神社や寺で行われており神奈川県では鶴岡八幡宮で執り行われている。

何はともあれ古式ゆかしい儀式を見て、悠久の時を超え古代の造営に思いを馳せた今日この頃である。

なお、この記事は過去に掲載された記事を一部修正したものです。
   ↓
手斧始式
http://take4-san.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-818c.html

Bbb
工匠の儀

Ddd
鋸役の儀

Eee
墨打役の儀

Fff
手斧役の儀

Ggg
槍鉋役の儀

Photo
八幡宮で頂いた手斧始式の説明書

片手撮影のためチョット傾いてしまった・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月14日 (土)

「フランク・ゲーリー展

ザハ・ハディド女史デザインの新国立競技場が(工期と)予算オーバーで頓挫してゼロからスタートしようとしている。
以前ワタクシもこのデザインについて提言?していたのだがやはりアノ設計には問題があったようだ。

で、もう一人の鬼才?で、「グニャグニャ建築」で有名なフランク・ゲーリーさんの展覧会が六本木は“21_21 DESIGN SIGHT”で催されており、
アノ!グニャグニャ建築はどのような発想でデザインされているのか?興味があり先日の土曜日に行ってきた。

Ccc

Aaa

Bbb

Ddd

Hhh_2

Fff

「フランク・ゲーリー展」
http://www.2121designsight.jp/program/frank_gehry/gehry.html

結論から言うと・・・・
「ゲーリーさん!貴方はスゴイ!天才だ!」
デザインとテクノロジーとの融合という言葉は貴方の為にあるようなものだ。
昨今はBIMだ。BIMだと騒がれているが本当の意味で実践・応用しているのは貴方だけだ。

以前のワタクシの拙い知識では「CATIA」を建築に適用しつつ、複雑な形態をデザインしている。ということだけであった。
で、この「CATIA」とはモデリングと構造解析を行う航空力学・機械設計向けソフトのことである。
彼はこのソフト、あるいはプロジェクトに必要な新しいソフトを開発し、模型から3Dデータをスキャンインプット。
コンピュータ上でコストを計りながらデザインを最適化し、部材の設計、ID化、製造図(製作図)、施工手順、工程管理までを一気に行うシステムを稼働させ、しかも、世界中の専門家をシステムに参加させて場所と時間の制約をうけないプロジェクトを実現しているのである。

これはスゴイ!
尚且つ彼は「私は工期内かつ予算内--そう予算内で竣工させます。こうしたことを、かなりまじめに考えているのです」と言っている。
どこかの建築家や発注団体に聞かせてあげたい有り難い“お言葉”である。
しかもこの“お言葉”を有言実行しており、ニューヨークのビークマンタワーの設計では、
通常のニューヨークの建設プロジェクトでは予算の3割が発注ミス、段取りのミス、交通渋滞による物資の遅延でなくなるのだが、
このロスを独自のテクノロジーで解決し、工期を圧縮し、無駄なコストをなくし、見積もりと実際の建設費の誤差は1パーセントに抑えているのである。

実に「目からウロコ」であり、感性を刺激された展覧会であった。
若いデザイナーやエンジニアの方々に是非観て貰いたいと切に想うのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月24日 (金)

バルセロナ  サグラダファミリア七変化

天候、そして時刻の移り変わりの中で変化する生誕のファサードの七変化?である。

Dsc01116

Dsc01123

Dsc01157

Dsc01159

Dsc01922

Dsc02120

Dsc02245

Dsc02266

Dsc02418

Dsc02427

Dsc02476

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月17日 (金)

バルセロナ  サンタ・マリア・ダル・マル教会

サンタ・マリア・ダル・マル教会 (カタルーニャ語: La església de Santa Maria del Mar)は、
ゴシック地区にあるカタルーニャ・ゴシック様式を代表する教会建築である。

Dsc01892

Dsc01893

Dsc01899

Dsc01901

Dsc01905

Dsc01907

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月16日 (木)

バルセロナ  カテドラル(サンタ・エウラリア大聖堂)

カテドラル(サンタ・エウラリア大聖堂)はゴシック地区にあるカトリック教会の教会建築で、
バルセロナ市民からは単にラ・セウ(La Seu)と呼ばれ、バルセロナ大司教座が置かれている。

Dsc01654

Dsc01832

Dsc01658

Dsc01834

Dsc01838

Dsc01839

Dsc01858

続きを読む "バルセロナ  カテドラル(サンタ・エウラリア大聖堂)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月12日 (日)

バルセロナ カタルーニャ音楽堂

カタルーニャ音楽堂(カタルーニャ語:Palau de la Música Catalana)はコンサートホールでサン・パウ病院とともにドメネク・モンターネの代表作でもある
1997年、バルセロナのカタルーニャ音楽堂とサン・パウ病院としてユネスコの世界遺産に登録された。

Dsc01595

Dsc01597

Dsc01599

Dsc01601

Dsc01603

Dsc01608

Dsc01612

Dsc01614

Dsc01619

Dsc01620

Dsc01624

Dsc01625

Dsc01633

Dsc01645

Dsc01646

Dsc01651

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月11日 (土)

バルセロナ グエル邸

ガウディの初期の代表的な作品であるグエル邸

Dsc01686

Dsc01701

Dsc01703

Dsc01709

Dsc01715

Dsc01726

Dsc01731

Dsc01733

Dsc01737

Dsc01751

Dsc01753

Dsc01755

Dsc01761

Dsc01766

Dsc01769

Dsc01774

Dsc01788

Dsc01790

Dsc01795

Dsc01810

Dsc01820

Dsc01822

Dsc01824

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月10日 (金)

バルセロナ  カサ・バトリョ

カサ・バトリョ(カタルーニャ語:Casa Batlló)はガウディがリフォームしたバトリョ氏の邸宅で、
外観の淡い色のデコレーションとユニークな形のバルコニーがインパクトあるデザインである。

Dsc01418

Dsc01420

Dsc01423

Dsc01425

Dsc01432_2

Dsc01433

Dsc01435

Dsc01437

Dsc01440

Dsc01441

Dsc01442

Dsc01446

Dsc01447

Dsc01448

Dsc01452

Dsc01456

Dsc01461

Dsc01468

Dsc01482

Dsc01487

Dsc01489

Dsc01490

Dsc01497

Dsc01502

Dsc01503

Dsc01511

Dsc01518

Dsc01521

Dsc01546

Dsc01548

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧