経済・政治・国際

2014年12月24日 (水)

クリスマスの経済波及効果とは?

Dsc_0001


このクリスマス・ツリーはチョット前にアブダビはエミレーツパレスホテルのロビーにドーンと鎮座されまし
時価9億円のクリスマス・ツリーなり・・・・・

今日は「クリスマス・イブ」で明日は「クリスマス」である。
キリスト教徒もイスラム教徒もヒンズー教徒もはたまた仏教徒も皆で浮かれて祝って踊って歌って食べて飲めばこの世は天国。
浮世の憂さも酔って笑って吹き飛ばせ!・・・・
そして欲望の赴くままに買って買って買いまくれ!!・・・・・・
ってな具合に、消費を煽るキャッチコピーが全世界を駆け巡っているクリスマス(商戦)の真っ直中の今日この頃。
皆さん如何にお過ごしでしょうか?

クリスマスで、チョット気になったのが全世界でのクリスマス(商戦)の経済波及効果はナンボのもんか?ということである。
で、チョット調べたのだが、ナント!第一生命研究所の調査では欧米の小売業年間売り上げ内20%がクリスマスに計上されるということらしい。
      こちら↓
http://group.dai-ichi-life.co.jp/dlri/hata/pdf/h_1411ac.pdf

では、この小売業年間売り上なのだが、アメリカの小売業者からなる業界団体、全米小売業協会(NRF - National Retail Federation)が
発行する月刊誌「ストアーズ(Stores)」で2012年版の「世界の小売業ランキング TOP100」を発表したので
このデータから個人的見解で勝手に推測してみる。

これは世界の小売業のTOP100社の年間売上高であり、
2012年度の売上総額は約3兆3932億ドルで、日本円では約407兆1900億円(1ドル=120円換算)となる。
で、これの20%は約81兆4380億円となる。
まぁ、世界の人口を70億人として一人1万円使えば70億か・・・・大よその目安になるかな・・・
アフリカや南アメリカ、そして東南アジアの最貧国の方々には全く関係ない話なのだが、裕福な欧米や金満アラブなどでは
その数倍から十数倍の使うと推測され、そのマイナス分はプラス分と相殺され、さらの上乗せが見込める?
従って81兆4380億円というのは妥当な金額なのではないだろうか?

そしてこの金額にはサービス業や専門店での売り上げが計上されていないので、金額はさらに上がるのだが、
この予想が難しい。81兆4380億円の半分では多いし1/4くらいか?
これは全く根拠のない個人的憶測であるのだが・・・
ということは、約81兆4380億円にその1/4にあたる16兆2876億円を足すと97兆7256億円となる。

ちなみに、日本の平成26年度一般会計予算は約95.9兆円である。
このクリスマス(商戦)期間内に日本の国家予算に匹敵するほどの巨額なお金(かもしれない?)が動くとは・・・オドロキである。

そう考えると冒頭の9億円のクリスマス・ツリーが霞んで見えてきてしまうのだが、
その裏で巨額なマネーゲームに一喜一憂している人々がいることをお忘れなく・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月11日 (木)

カメラの記憶「武相荘(ぶあいそう)」

ワタクシ、予てより白洲次郎そして白洲正子両名の考え方や生き方に共感をもっており、
白洲次郎と白洲正子展」を拝見し、さらにその想いを強くし、旧白洲邸 通称「武相荘」を
訪れてみたいと常々想っていたのだが、数年前やっとその想いを叶えることが出来た。

以下はその時のスナップである。

Dsc_0957

Dsc_0992

Dsc_0958

Dsc_0959

Dsc_0960

Dsc_0977

オイリーボーイ」はこのクルマから始まった・・・
中学生時代に愛用していたアメリカ車・ペイジのグレンブルックの同型車である。

Dsc_0952

Dsc_0954

安倍首相は以前から「戦後レジュームからの脱却」を目指して奮闘しているのだが、
白洲次郎氏はそれが如何に困難なことなのか当時から分かっていたのではないのだろうか?
そして、常世より今の日本をどう思って観ているのだろうか?
きっと歯痒い思いで観ていることだろう・・・と思う今日この頃なのである。

----------------------------------------------------------
で、ここからは後日談・・・・

白洲次郎氏だが彼に関する一次資料は、ほとんど現存しておらず、実像としての白洲次郎氏は謎が多い人物のようである。

まぁ、詳しくはこちら↓

白洲次郎とは何者だったのか
http://blog.livedoor.jp/k_guncontrol/archives/cat_10021005.html

歴史の真実とは何か?そして隠された真実とは?ということをつらつら考えるに、
勝者のためのの歴史であり、権力者に都合の良い歴史に意図的に改ざんされているのだろうなぁ・・・
と思う今日この頃なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月21日 (金)

戦後レジームからの脱却?

        _a

コマッタボクちゃんの安倍首相が辞任して今度の日曜日に総裁選がある。

実はワタクシ、純ちゃんの時から内閣広報室が発行しているメールマガジンを読んでいる。
まぁ。何か事(事件?)があるとその言い訳めいた釈明があるか、まったくその話題には触れずに他の話題でごまかすという記事が多かった印象である。

しかし、新聞やテレビでは話題にしないようなレア?な記事もありよく読んでいた。
で、コマッタボクちゃんの安倍首相だが、よく使うフレーズに「美しい国」があった。これは普通の良識ある大人ならその意味していることは理解できると思う。しかし、だ、これもよくフレーズに「戦後レジームからの脱却」というのがある。

オジサンにはチョット小難しすぎる用語である。いわゆる安倍政治用語だと思うのだが、よく意味が分からない。戦後は分かるがレジームって何?確かフランス語で「体制」だったかな、、じゃ、「戦後体制からの脱却」って何?調べてみると皆さん同じ疑問を抱いていたらしく怒涛の如くいろいろなお方がその意味を解説している。

要は戦後アメリカ占領下で制定された憲法や教育基本法などの法律を見直ししましょうということである。その頂点が自民党の悲願でもある憲法改正なのだろう。そして、その究極が憲法9条である。アメリカの思惑もあると思うが、アメリカのポチ的存在であった日本が「アメリカからの脱却」を目指しているのか?それはないでしょう。

やはり日本はアメリカの同盟国であり属国でありポチである。アメリカの都合により部分的に脱却させたり、反面では取り込んでいると考えているのはワタクシだけであろうか・・・
そして、日米安保の行く末は?来年横須賀はアメリカの原子力空母「ジョージ・ワシントン」の母港になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 8日 (土)

「横浜国際フォトジャーナリズム・フェスティスバル2007」

          A_foto

横浜国際フォトジャーナリズム・フェスティスバル2007」が開催されている赤レンガ倉庫にたどり着く。
一昨年の秋もロバート・キャパの3部に分かれた写真展がここであった。

今世界で何が起きているのか?知りたい人は是非観てください。少なくとも観る前と観た後では人生観が変わります。

戦争や紛争、そして環境破壊などの衝撃的な写真が展示されています。
これが現実なんだと、これら事実を目の前に突きつけられても小市民のオジサンは慄きたじろいでしまう。
いかに我々は平々凡々に暮らしているのだな、と感じる。
そして、小市民のオジサンでも何かしなくてはいけない。もっと現実と向かい合い出来ることはしよう、という気持ちになる。

パネルディスカッションでの主催者の発言
ピューリッツァー賞に選ばれた写真を我々は予選段階で落とした。これはその写真が持っているバックグランドを検証した結果である。
問題のピューリッツァー賞に選ばれた写真だが、一人の女性が権力の象徴である警官隊と対峙している写真である。この女性のバックグランドを調べた結果相応しくないということで落としたという。

フォトジャーナリズムは何を伝え、何を守るのか?
今のメディアがどんな問題を報道しない(出来ない?)のか?
ここにはそれを知る手掛かりがある。

ここで主催者である「DAYS JAPAN」の発受賞作品の一部が見れます
http://www.daysjapan.net/award/award2007/index.html

        A_demio

赤レンガ倉庫の中庭ではマツダのDEMIOのキャンペーンを行っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月10日 (火)

銃・病原菌・鉄

銃・病原菌・鉄
ジャレド・ダイアモンド

          Dd_juu

先日、ナショナル。ジオグラフィックから特別版のDVDが送られてきた。
「銃・病原菌・鉄」のダイジェストDVDである。

表紙にはこんなコピーが、

なぜ、世界は、これほどまでに不平等なのでしょうか?

持つものと、持たざるもの。
支配するものと、支配されるもの。
一体、何が、それを決めたのか。
http://nng.nikkeibp.co.jp/nng/shop/dvd/gunsgermssteel.shtml

米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校教授、ジャレド・ダイアモンドが
1997年に発表された『銃・病原菌・鉄』の映像化。
原作は、1998年度ピュリツァー賞(一般ノンフィクション部門)を受賞している。

こりゃ~面白そうだ。早速申し込みましょうかね。
いや、その前にまずは原作を読みましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)