旅行・地域

2016年8月20日 (土)

「月江寺昭和レトロエリア-そぞろ歩き」

イヤイヤ・・・山中湖での野外フェスから早くも2週間経ってしまった。
本来ならばその続編?の記事をアップする予定だったのだが、本来のナマケモノの性分で放置状態が続いてしまっている・・・
実にコマッタモンダ・・・・・まして盆休みなる日本固有の休みもあり、さらにだらけてしまったのである。
実にコマッタモンダ・・・・・
そんな実にコマッタモンダ状態もリオ五輪と共に終わろうとしている(ワケがワカラン理論だ!・・・・・)
まぁ、リオ五輪の興奮?と共にモチベーションが上がってきたということらしい・・・(まるで他人事だ!・・・・)

というワケで2週間ぶりの更新と相成るワケである。
で、記事のお題は「月江寺昭和レトロエリア-そぞろ歩き」である。

111

222

333

444

555

666

777

888

999

9991

9992

9993

9994

「月江寺」は“げっこうじ”と読む。
最寄りの駅は月江寺駅で、富士吉田駅、月江寺駅、下吉田駅、と続く。
で、何故月江寺が昭和レトロなのか?

富士吉田界隈は古くから絹織物の産地として栄えてきた。
そして、織物商の仲買人が泊まりがけで月江寺、下吉田界隈に多く訪れたために、
遊郭、宴会場のような遊興の歓楽街が国道と並行した「西裏通り」周辺に出来たのである。
また、戦前の富士には陸軍の演習場があたので陸軍が、戦後は進駐軍が、そして進駐軍が撤退したあとは自衛隊が
そこを娯楽の街として利用してきたのである。
しかし、戦後を境に織物産業は廃れ、バブルも弾け景気が衰退してゆくのと共に街もその繁栄の幕を閉じたのである。

そして残った歓楽街の街並み・・・・
ここでは時間は1970年代で止まっています。

関連HP
月江寺界隈 昭和の街めぐり(げっこうじかいわい しょうわのまちめぐり)
http://www.yamanashi-kankou.jp/course/taste/006.html

リアル昭和30年代の町並み 富士吉田『月江寺エリア』
http://retro.useless-landscape.com/archives/1380P

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月14日 (木)

鎌倉-街角風情

今年の正月の鎌倉はチョット寂しい。
何故ならば、若宮大路の中央部に位置する「段葛」が改修工事中で通行が出来ないからで、
工事完了予定は今年の3月である。

桜の移植も行われるので花見には間に合うか?

00a

00b

00c

00d

00e

00f

00g

0kama

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月14日 (月)

浮世絵にみるモダン横須賀&神奈川

先々週、先週の日曜日は浮世絵を堪能した。

Aaa1

Aaa2

12月6日の日曜日は地元は横須賀市美術館での企画展「浮世絵にみるモダン横須賀&神奈川」を鑑賞。
これは横須賀製鉄所(造船所)創設150周年記念事業の一環で浮世絵蒐集家として知られ、また元参議員である斎藤文夫氏のコレクションから選りすぐった浮世絵を展示している。

ちなみに斎藤氏のコレクションは常時「川崎・砂子の里資料館」に展示されている。
主に川崎や神奈川県内にゆかりのある浮世絵をコレクションしており、今回の企画展でもあの有名な葛飾北斎の「富嶽三十六景」の一つである「神奈川沖浪裏」が展示されていた。
貴重な浮世絵の多くは海外に流出してしまっているのが現状で非常に残念なことであり、このような浮世絵展はあまり多くは開催されていない。

そういえば上野の森美術館でも「浮世絵師が描いた江戸美人100選」が開催されているがこれらもシカゴの日本美術収集家ロジャー・ウエストン氏の所蔵である。
これも是非見たい浮世絵展である。

Aaa32

Aaa3

Aaa4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月14日 (土)

地球の真実

「フランク・ゲーリー展」の後はご近所で催されているFUJIFILM SQUARE 企画写真展、ナショナル ジオグラフィック「地球の真実」に立ち寄る。
11月18日までなので滑り込みセーフ!のタイミングである。

Ggg

実はワタクシ、日本語版ナショナル ジオグラフィックを創刊号から愛読しており、
その写真のスバラシさに毎号カンドーしており、常々オリジナル・プリントで見たみたいと想っていたのである。

「アフガン難民の少女」が有名だが、見覚えのある写真達の前でその被写体の持つ気迫に暫し立ち尽くすくんでしまう。
記憶に残る写真とは・・・・より良い写真を撮影するための努力を重ねた中で生まれえる“偶然の産物”であることがよく分かる。
まぁ・・・我々ドシロートはひたすらヘタな鉄砲数打ちゃ当たる的なショット数でその偶然を生み出すしかないのだろうなぁ・・・と
シミジミと感じた今日この頃なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月24日 (金)

バルセロナ  サグラダファミリア七変化

天候、そして時刻の移り変わりの中で変化する生誕のファサードの七変化?である。

Dsc01116

Dsc01123

Dsc01157

Dsc01159

Dsc01922

Dsc02120

Dsc02245

Dsc02266

Dsc02418

Dsc02427

Dsc02476

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月23日 (木)

バルセロナ  街角スナップ

バルセロナの旧市街(ゴシック地区)でのスナップショットである。

Dsc01828

Dsc01829

Dsc01830

Dsc02371

Dsc02376

Dsc02383

Dsc02392

Dsc02394

Dsc02398

Dsc02403

Dsc02407

Dsc02412

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月20日 (月)

バルセロナ  カンプ・ノウ

カンプ・ノウ(カタルーニャ語: Camp Nou、発音はカム・ノウ [kam ˈnɔw])は、サッカー専用スタジアムで、
ご存じFCバルセロナのホームスタジアムである。
一般的には「新しいスタジアム」を意味するカンプ・ノウと呼ばれている。

Dsc02269

Dsc02281

Dsc02284

Dsc02292

Dsc02296

Dsc02298

Dsc02299

Dsc02319

Dsc02329

Dsc02331

Dsc02342

Dsc02354

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月19日 (日)

バルセロナ  モンセラット

モンセラット(カタルーニャ語:Montserrat)は、スペインカタルーニャ州のバルセロナ近郊にある山で、
アーサー王の聖杯伝説に登場するベネディクト会のサンタ・マリア・モンセラート修道院付属大聖堂(Monasterio de Montserrat)がある。
キリスト教の聖地とされている。

Dsc02142

Dsc02148

Dsc02149

Dsc02161

Dsc02167

Dsc02180

Dsc02184

Dsc02190

Dsc02206

Dsc02209

Dsc02212

Dsc02213

Dsc02222

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月18日 (土)

バルセロナ  モンジュイックの丘

モンジュイックの丘は、サンツ・ムンジュイック区にある標高は184.8の丘で、モンジュイック城、ミロ美術館、
カタルーニャ美術館、スペイン村、そして1992年に開催されたオリンピック・スタジアム施設などがある。

Dsc01934

Dsc01945

Dsc01952

Dsc01960

Dsc01977

Dsc01981

Dsc01988

Dsc01991

Dsc02026

Dsc02028

Dsc02051

Dsc02061

Dsc02077

Dsc02080

Dsc02088

Dsc02104

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月17日 (金)

バルセロナ  サンタ・マリア・ダル・マル教会

サンタ・マリア・ダル・マル教会 (カタルーニャ語: La església de Santa Maria del Mar)は、
ゴシック地区にあるカタルーニャ・ゴシック様式を代表する教会建築である。

Dsc01892

Dsc01893

Dsc01899

Dsc01901

Dsc01905

Dsc01907

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧