ゲーム

2015年8月18日 (火)

Aliceとエリック・サティ

と、いう訳で話は続いているのだが、
20数年来、事ある度にワタクシの脳裏で鳴り響いている曲がある。
その曲がエリック・サティの「ジムノペディ」である。
実はこの曲、あるゲームソフトのBGMとして使われていたのである。
使われていたと断言してしまったが、記憶が定かではない。
オリジナルのCD-ROMは手元にあるのだが残念ながら再生するハードがない。
これはMac専用ソフトで当時はLC-520で観ていたなぁ・・・・
で、そのソフトとは「Alice」である。
これは日本初の本格的マルチメディアソフトウェアで発売は1991年だと記憶している。

Alice_2

「Alice」とはまさにルイス・キャロル『不思議の国のアリス』の世界を基にしており、基本モチーフを画家の金子國義が、音楽とコンセプトを音楽家の加藤和彦が提供し、全体の構成を庄野晴彦が行っているのである。
で、発案者である加藤和彦がこのソフトのために作曲しており、その中に「ジムノペディ」、あるいはそれに良く似た曲がBGMとして使われていたのである。
まぁ、ワタクシの記憶では間違いなく「ジムノペディ」なのだが残念ながら証明する術が今はない。

この「Alice」だが金子國義のシュールな絵画と全編を流れるエリック・サティ風サウンドが見事にマッチし脳裏に残っており、それが何かの拍子にフラッシュバックしてくるのである。

加藤和彦氏は遡る事10年程前の1980年代に「ベル・エキセントリック」や「あの頃,マリーローランサン」といったパリのモダニズムを感じさせるサウンドを創っており、、その進化した世界観が凝縮されたサウンドであり、それ以来ワタクシの心に襞にはエリック・サティが住み着いているのである。

そのエリック・サティさんの展覧会「エリック・サティとその時代展」ではバレエ・リュスの公演「パラード」の再演フィルムを上映していた。
若きジャン・コクトーが脚本、パブロ・ピカソが衣装と舞台装飾、そしてサティが音楽を手がけているのだが、そのシュールさにしばし見とれてしまった。

ロートレックといい、エリック・サティといいアノ時代のパリにはワタクシを魅了する何かが有るのだと確信している今日この頃なのである。

| | コメント (3) | トラックバック (0)