アニメ・コミック

2015年1月24日 (土)

さらば青春の光-原題 Quadrophenia(四重人格」)

「けいおん!」そして「The Who」繋がりで映画「さらば青春の光」を久々に観る。

51zzicl3e3l

多重人格者である(モッズ)少年の4つの人格に「The Who」の4人を反映させて作られた
コンセプト・アルバム「四重人格」(Quadrophenia)を元に製作された映画である。
公開は1979年だがワタクシはリアルタイムでは観ていない。
その数年後にビデオで観ている・・それにしても25年以上前の話だ・・・・・

イヤ~それにしても懐かしい・・・感動島倉千代子である・・・??
出るわ出るわ・・改造ベスパの数々・・・・意味もなく多いサイドミラー・・センチメンタルベスパ?だ!・・・・
パーティー・シーンででロネッツの「Be My Baby」が流れてましたなぁ・・・イヤ~懐かしい・・・
モッズ・コート・・・これも懐かしい・・ワタクシも着ておりました・・・・
キョービのお方には「青島のコート」と言った方がとおりがいいか?・・・・
で、ブライトンで一際目立つイケメン「エース」が若き日の「スティング」だったとは・・シラナカッタ・・・
エンドロールで初めて知った次第・・・・

また、ネタバレで恐縮なのだが、意味深なラストシーンはそのままイントロに繋がっている。
まぁ、観れば分かる。
そして劇場版「けいおん!」のエンディングのシーンへとも繋がっていくのだが・・・・
それにしても、監督である山田尚子サンの美意識・感性はスバラシイ!
(個人的に)細田守 サン、そして新海誠サンと共に今後注目すべき一人である(と思っている)

で、話はモッズ(若者達)へと戻るのだが、
まぁ、当時の若者達は常に“何か”に対して怒りをぶつけていた。
それは“大人”であり、“敵対グループ”であったり、そして“権力”でもあった。
“反権力”がカッコ良かった時代である。そして・・・僅かな望み、夢があった・・・・

でも彼らは分かっていたのである。
自分たちの“未熟さ”を・・・・夢を叶えられない“未熟さ”を・・・・
そしてその“未熟さ”故の歯痒かしさからその反動を“怒り”に変えていたのだろう。

“夢”があったから“怒り”があったのである。
“怒り”を感じない今の若者に“夢”があるのだろうか・・・?
とつらつらと思いに耽る今日この頃なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月21日 (水)

「ドリアンと酒」、「ラーメンとご飯」そして「けいおん!」へと続く・・・

P5310254x800


先日の果樹園でのある会話の中でドリアンと酒は食べ合わせが良くないという話題になり、
何故良くないのか?その時は明確な答えが見つからずそのままウヤムヤになってしまったのだが・・・

昔(28年程前か?)シンガポールに居た時にローカルスタッフが言っていた。
「ドリアンを酒を一緒に食べると体内で発酵し身体に悪いから止めた方がいいあるよ」・・・・
しばらくはその教えを忠実に守っていたのだが、ある日酔っ払って無意識のうちにドリアンを食べてしまったことがあった。
しかし、その後何も異変?は起こらなかった。
で、それからはビールを飲みつつドリアンを食べるということをよくやっていた記憶がある・・・・

そして時は流れて・・・先日の会話となったのだが・・・

何故良くないのか?
ワタクシが飲み食いしても大丈夫なのは何故か?
そして未だに言われ続けているのは何故なのか?
頭の中に?????が渦巻いてきた。

で、調べてみたのだが、どうやら迷信のようである。
これまでにドリアンと飲酒の因果関係による死亡事故は報告されておらす、
医学的な調査もされているが、食べ合わせにより死亡に繋がる要素は発見されていないという。
一説ではドリアンに含まれる硫黄化合物の働きによりアルデヒド分解酵素の活性を阻害し
「悪酔い」しやすくなるらしいのだが、大量に摂取しなければ問題はないだろう。

一般的に東南アジアではドリアンを食べるとき飲酒すると死に繋がると信じられており、
特にタイやシンガポールで広く流布している言い伝えなのであるのだが・・・
ワタクシの私観では、気分が高揚する「酒」と美味い「果物」を同時に食べるなんて贅沢だ!
もっと質素に簡素に生活をしませう。という戒めの意味を含んだ「教え」なのではないだろうか?

正直なところ、酒(特にビール)にドリアンは合わない!
“甘さ”よりは適度な“塩気”と“油気”が酒(ビール)には合う!
ハッキリ言って酒(ビール)とドリアンの取り合わせは不味い!
まぁ、不味いから止めた方がいいよ、という「教え」もあるのかもしれない。
とワタクシは密かに?思っているのだが・・・・

しかし、世の中には「ドリアン酒 」なる東南アジアご法度?の漬け込み酒もある。
これはウマイのか? 何時か試してみたい。

この食べ物の食べ合わせだが、日本では合食禁(がっしょくきん)あるいは食合禁(しょくごうきん)とも呼ばれており、
代表的なところでは「鰻と梅干」や「天麩羅と西瓜」などがある。

「鰻と梅干」は高級食材である鰻の食べすぎ防止などがあり、
「天麩羅と西瓜」は水と油で消化に悪いとされているのだが、
まぁ、食べ過ぎなければほとんど問題はないレベルの話である。

で、最近の“合食禁”では「ラーメンとご飯」の組み合わせが良くないらしい・・・
要は「炭水化物」+「炭水化物」は炭水化物摂取量が増え、疲労や肥満を招く恐れがあるので良くないという。
これは問題である!!
ラーメンライスと言えば究極のC級グルメであり、安い、早い、ウマイ!という
まさに“炭水化物と炭水化物の夢のコラボレーション”ではないか!

で、この「フレーズ」繋がりで話はアニメへと飛ぶのだが、
最近、音楽アニメ「けいおん!」の中にオモシロイ挿入歌がある。
その曲名は「ごはんはおかず」!
実にシュールな曲名ではないか!

「ごはんはおかず」・・・ロンドン・ライブ・バージョン・・・

キャッチャーなメロディーとシュールな歌詞で一度聴いたら忘れられない!
で、劇中でもライブでよく演奏されている。
すっ飛んだ歌詞の一節に、
「ラーメン うどんに お好み焼き 炭水化物と炭水化物の夢のコラボレーション」
というのがあり、どうやら関西人の食をネタにしているらしいのだが、
関西人ではないと否定し、前世は関西人とのたまう・・・ワケワカメでシュールである。

この「けいおん!」だが、結構音楽ネタが詰まっている。
ジミーペイジやジェフベック、ウッドストックのジミー・ヘンドリックス、アビーロードの横断歩道などなどが出てきたり、
70~80年代のUKロック、特にThe WHOへのオマージュに溢れている。
キョービのジョシコーコーセイがピート・タウンゼントばりの演奏をするとはオドロキである。
で、キョービのジョシコーコーセイが「好きなドラマーはキース・ムーン」などと言うか?!
それに対して「爆薬で家を壊した人ですよね・・・・」なんてキョービのジョシコーコーセイが反応するか!?

ということで・・懐かしの“The Who”を・・・・・
・Baba O'Riley - The Who  ピート・タウンゼントの「風車弾き」が炸裂?しております。   

 http://youtu.be/hKUBTX9kKEo

・Won't Get Fooled Again - The Who

 http://youtu.be/Rp6-wG5LLqE

ちなみに、ギター&ボーカルの唯チャンが持つギターはアノ!Gibson Les Paul Standard Cherry Sunburst仕様で
お値段25万円也、ジョシコーコーセイの身分で持てるギターではないのだが、ナント!5万円でゲットしている。
また、背景に映る音楽小物ネタでは古いJAZZのレコードジャケットが多い。
などなど、背景の小物やBGMなどにも音楽小技ネタが詰まっており、ジックリ観るとオジサン世代にド・ストライクな
設定なのがよく分かる。

詳しくはコチラ
音楽視点で見る「けいおん!」の世界1
http://d.hatena.ne.jp/los_endos/20130212/1360679189
音楽視点で見る「けいおん!」の世界2
http://d.hatena.ne.jp/los_endos/20130217/1361107173

で、話は戻り、「炭水化物と炭水化物の夢のコラボレーション」というフレーズなのだが、
やはり、一般的には不動の一位はラーメンライスでなのだろう。
まぁ、個人的には「焼きそばパン」が最近の好みである。

そして、「カップヌードル(カレー味)+ツナマヨおにぎり」は山歩きの良き友でもあり、
また、「カップヌードル(シーフード)+玉子+明太子おにぎり」も捨てがたい!
アウトドアではまさに「炭水化物と炭水化物は夢のコラボレーション」なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 6日 (火)

萌?萌?ドラマー「川口千里」

前回からの女子高校生繋がり?ということで・・・・・
まぁ、何というか、2次元から3次元へのグレードアップということでここは一つ穏便にワダカマリなくいきませう・・・・

最近、日本のミュージックシーンで話題になっている一人の女子高校生ドラマーがいる。
川口千里、若干17歳である。(もうすぐ18歳になる)

幼いころからその演奏力やテクニックを評価されていたのだが、さほど目立つ存在ではなく一般的にも殆ど無名状態だったらしい。
で、文明の利器?である“YouTube”に、オタク音楽アニメ「けいおん!」の主題歌や劇中歌のドラムを叩くビデオ作品をアップしたところ、
瞬く間にその存在が知られるようになったのである。
今では動画総再生回数が2,000万回以上に達しているというのでご覧になったお方も多いのでは?

デモ演奏 【壬申の乱】 by 川口千里/菅沼孝三&天地雅楽ドラムコンテストⅡ

【 K-ON!! 】 けいおん!! GO! GO! MANIAC  Drum cover

しばしば「手数姫」「ギャップ萌」などと称され、いかにオタクの方々の支持が多いかわかる。
しかし、「ヤマノススメ」といい、オタクの方々の潜在的パワーというものに改めて驚かされますなぁ・・・
また、今や時代のトレンドを作る一つの勢力になってきており、改めてネット社会の影響の大きさにも驚かされるのである。

川口千里チャンのドラミング・スタイルは当初ジャズ・フュージョン系だったが、今はそして将来もノージャンルでやりたいそうだ。
まぁ、何はともあれこれからどれだけ“化ける”のか非常に楽しみである。

そうそう、「上原ひろみ」と是非セッションをやってもらいたい・・アレ、もうやった?・・・・まだやってないようだ・・・・
となると、ベースプレーヤーは誰がいいのか?
日本人で女性ベースプレーヤーって誰がいた?・・・・ワタシニハワカラナイ・・・・・・

ワタクシの拙い知識では欧米系?の「タル・ウィルケンフェルド」か「エスペランザ・スポルディング」しか知らない。
ビジュアル面でいうと・・タル・ウィルケンフェルドかな・・・・・
あのジェフ・ベック・バンドのレギュラー・ベーシストで、「クロスロード・ギター・フェスティバル」での演奏は印象に残っている。

で、飛び入りで「オリアンティ」がギターを弾いてくれたらオジサン的にはウレシイ・・・・・
そうだ!「村治香織」チャンがいたではないか!彼女のスパニッシュサウンドもいいなぁ・・・
となると、多少?歳は食ったが「キャンディ・ダルファー」のファンキー・サックスをフィーチャーしても面白そうだ・・・・

などなどと・・・オジサンの脳内妄想ライブは続いていくのである・・・・・・・・おわり・・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月 5日 (月)

「ヤマノススメ」

年明け早々、オタクネタで大変申し訳ないのだが・・・・
最近、オジサンのオタク度が上昇し始めている・・・・ウワッ!ヤバッ!キモッ!・・・
二昔前?の女子高校生用語が一瞬脳裏をかすめるが、ここは一つ冷静にオトナの対応をしませう・・・・
まぁ、キッカケはご多聞にもれず“アニメ”なのだが、“登山”がキーワードで知ることになった次第。

キョービの女の子の“カワイイ”を強調したアニメで、まぁ、細かく観ていくと「ツッコミ」どころ満載なのだが、
それはさておき、カワイイ?「山ガール」必見のアニメでタイトルは「ヤマノススメ」なり、「ヤマノムスメ」ではない・・・
まぁ、視聴者の多くは「オタク」の方々だろうということが容易に推測される。
そのアキバ系がいよいよ山にも進出してきたとはオドロキなのだが、チョット前までは「戦車オタク」がいたからなぁ・・・
世の中ナメテハイケマセン。

Yamanosusume_towel_ol

「ヤマノススメ」なのだが、「ゆるふわアウトドアコミック」?と称されるジャンルで
飯能に住む女子高校生による“登山”をテーマにするアニメである。
初めは5分間の短編アニメということで高を括っていたのだが、侮るなかれ、観れば観るほど
禁断?の止(や)められない止(と)まらないカッパエビセン・シンドローム?に陥っていくのである。

ヤマノススメ公式HP
http://www.yamanosusume.com/

このアニメ、ストーリーは単純なのだが、実にフットワークの軽いポップな映像表現、音楽との絶妙なマッチング、
そして何より変化に富んだ“色彩”変化(へんげ)が実に見事で、
アニメの世界観をある意味方向付ける“色彩”への心配り、愛情?が画面いっぱいから伝わってくるのである。
特に「オープニング」や「エンディング」での計算された視覚構成や表現、そして“色彩”変化が観ていて実に楽しい。

最近では舞台になっている飯能市が「ヤマノススメ」で町興しを企画したり、
あのICI石井スポーツがタイアップしコラボグッズを発売したりしている。

アニメでは(今のところ)谷川岳への登山で終わっているが、最終的にどの山まで登るのだろうか?槍ヶ岳か剱岳なのか?
メンバーの一人は既に槍穂縦走の難所である大キレットを経験している。
最近、このアニメの影響でオタク達が聖地巡礼などと称して山に登っているとかいないとかで、
アホなナンチャッテ似非オタク登山者の遭難が心配だ・・・・

まぁ、登山の困難さは随所で描かれているのだが、安易な登山描写や設定を避けて放映を続けて欲しいと願う今日この頃なのである。

追伸:メンバーの一人が高所恐怖症というのも・・・・オモシロイ・・・・・
   また、今まで意識しなかった「飯能」という街が魅力的に見えてきた・・・・アニメの力はオソロシイ・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)