点景

2016年1月20日 (水)

走水冬愁

冬枯れの走水の海辺風情は薄ら寂しい。
人影の無い小路に身を切る冷たい海風が通り抜ける。

早く立ち去りたいという心の叫びと、
いつまでも此処にいて居て海を眺めていたいという
アンビバレンスな心の葛藤が苦しい。

そんな不思議な“気”が漂う冬枯れの走水の海辺風情である。

111

222

333

444

555_2

666

777

888

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月14日 (金)

ライオンキング通り?(JL SINGARAJA)点景

ネタがない・・・
で、困った時の「通り(Street)」点景シリーズ・・・・?
というわけで今回は現在居住しているチカランの銀座通り?であるライオンキング通り(JL SINGARAJA)である。

チカラン銀座とワタクシが勝手に思っているこの通りだが、休日なのに人通りは少ない、
というかほとんど人影がない!のである。

で、このチカラン銀座だが夜ともなればに車が押し寄せチョットした渋滞になる。
が、しかし、車は渋滞しても人通りは少ない、というチョット変わったStreetなのである。

そんなとある日曜の昼下がり・・・茹だる様に暑い・・・チカラン銀座のスナップである。

Dsc00252

Dsc00257

Dsc00261

Dsc00262

Dsc00281

Dsc00282

Dsc00286

Dsc00297

Dsc00299

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月13日 (木)

どぶ板通り(DOBUITA STREET)点景

ネタがない・・・
で、困った時の「どぶ板」頼み・・・・?
という訳ではないのだが過去に何度かネタにしている「どぶ板」点景シリーズ!?
過去のネタはこちら↓

「横須賀どぶ板繁盛記」&「ヨコスカどぶ板物語」

ドブ板「点景」 

ドブ板点景 

ご近所探索「ドブ板通り」点景 

まぁ、たいしたモノではない。
で、今回は先日一時帰国した際に撮影したモノである。
しかし、ベトナム戦争当時のオドロオドロした雰囲気は今はもうすっかり消え失せてしまい、
ファッショナブルな“通り”に様変わりした“DOBUITA STREET’なのである。

Dsc_0291

Dsc_0296

Dsc_0302

Dsc_0310

Dsc00194

Dsc00196

Dsc00197

Dsc00199_2

Dsc00201

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月11日 (日)

六本木・・人・・人・・人・・・

都会の中の人々・・・

Dsc_0356_2

Dsc_0381_3

Dsc_0423_2


それぞれの営みがあり、
それぞれの時間が過ぎてゆく・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月22日 (日)

MGロード点景

インドの主要都市には必ずといっていいほど「MG ロード」なる道路が存在する。

この「MG ロード」のMGとはMahatma Gandhi (マハトマ・ガンジー) の略で、ご存知アノ!インド独立の父であるガンジーさんのことである。
で、各都市の行政はこのインド独立の父であるガンジーさんに敬意を表して主要道路にこの名前を命名しているらしい。
主要道路であるからにして人々が集まり賑わう道路なのである。

さしずめ日本でいうと「銀座通り」ということになるだろう。
日本の場合は本家?の東京の銀座にあやかり○×銀座なる商店街がどこにでもある。
まぁ、これと同じようなものだろう。

でもね、日本の場合は“あやかり”銀座なのであり、
インドの場合は独立の父に敬意を表しているのである。
まぁ、これは国民性や民意の違いというよりも日本の場合「商魂」が根底にあり、
インドの場合には「ヒンズー教」があるからであろう。

ちなみに日本全国にはこの“あやかり”銀座が200以上あるという。
この“あやかり”銀座の第一号は、品川区の戸越銀座商店街だという。
(そういえば我が街にもあるなぁ・・・・)

そして「MG ロード」だが、調べると日本にもあった。
場所は北海道で霧多布から霧多布湿原の中を通って霧多布湿原センターへ
向かう全長1987mの道道808号線が通称MGロードと呼ばれている。
MGロードとはMarshy Grassland road(湿原の道)の略。
この湿原に道路を作ったがで湿原の中の水の流れが分断され生態系が狂ってしまった。
そこで1986年に再度改良工事を実施し湿原を縦断する道にふさわしく道路の下に多数のパイプを通し、
道路によって湿原の水の流れを阻害しないよう配慮し現在の道路になったという。
これはこれで「自然」を守る道路でヨロシイ。

で、プネの「MG ロード」である。
「プネ銀座」?にしてはしょぼいカンジは否めない。
インドは急速に開発が進んでいる。
今のプネも片側4斜線の道路の両側にに巨大なショッピングモールが建っている。
この「MG ロード」は古きよき昔の「プネ銀座」なのである。

Dsc_0714

Dsc_0715

Dsc_0718

Dsc_0723

Dsc_0732_2
Dsc_0734_4

それれにしても野良犬ならぬ「野良牛」が多い「プネ銀座」なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土)

逗子「点景」

今日は天候もイマイチ。
晴れているのか雲っているのかよくわからない天気。

久々に逗子海岸をそぞろ歩く。
最近のキャッチフレーズは「太陽が生まれたハーフマイルビーチ」である。
この太陽とはご存知「太陽の季節」からきている。

      A_

で、これが「太陽の季節」のモニュメント。
“太陽の季節  ここに始まる”と刻まれている。

   A__6

   A__7

      A__a

      A__8  

天候のせいもあるが思ったほどビーチの人出は多くない。
昔(1960年代)は1日で海水浴客が50万人以上が訪れ、深夜まで駅に列を成していたという。

レジャーの多様化が海水浴を衰退させている。
廃業した「海の家」も多いと聞く。
ワタクシ個人的には混んでいない海岸が好みである・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 8日 (土)

ドブ板「点景」

   A_

   A__b

久しぶりに晴れ間が覗いた週末の土曜日、まとわり付く熱気の中を泳ぐ?ようにドブ板ストリートをそぞろ歩く。
あまりの暑さのためか、通りを歩く人もまばらである。
暦のうえでは「立秋」も過ぎ、このまま夏らしい夏を迎えぬまま秋になってしまうのか?
天候が安定しない今年の“夏”である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月18日 (木)

ドブ板点景

以前、「石内都展 ひろしまヨコスカ」を目黒区美術館まで観にいったことがある。
石内都さんは横須賀を撮り続けてきた写真家でデビュー作「絶唱・横須賀ストーリー」はあまりにも有名である。
彼女がこの写真を撮った動機はそこに“違和感”があったからだという。

 A__b A_

 A__b_2 A__c

 A__g A__n

今のヨコスカにはその“違和感”は消えつつある。
消えつつあるがまだ当時の面影がドブイタにはまだ少し残っている。
そして、今のドブイタのメインストリートはまるで“原宿”のように変貌してしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月19日 (火)

横浜「点景」

   A_photo

   A_photo_b

   A_photo_c

   A_photo_d

   A_photo_e

横浜は今年で開港150年ということで記念イベントが催されている。
そんな港町横浜を切り取ってみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)