« 淡水 | トップページ

2017年7月23日 (日)

青田七六

台北の路地をさ迷い歩いていると日本統治時代の日本家屋に出くわすことがある。
という冒頭で始る「中山18」の記事を先日アップしたのだが、
「青田七六」もまぁ似たような経緯でカフェ&レストランにリフォームされた日本家屋である。

詳しい説明はコチラ↓
「青田七六」
http://www.taipeinavi.com/food/719/

A01_2

A02_3

A03_2

A04_2

A05_2

で、肝心の料理はというと・・・
注文したのが「白身魚の塩焼き」なのだが出来るのは照り焼きだという。
仕方がなく了承し運ばれてきたのがこちらである。

A06_2

まぁ見た目はいいのだが実にあっさりとした味付けなのである。
素材の良さを引き出す調理法か?と思いきや素材の良さがわからない。
身は固く、出汁は効いておらず、塩気も足らない。
ただひたすら淡白な味付けにしようと努力?しているのである。

実に不思議な日式料理を体験した今日この頃である。

|

« 淡水 | トップページ

Foods & Drink」カテゴリの記事

台湾」カテゴリの記事

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/65562993

この記事へのトラックバック一覧です: 青田七六:

« 淡水 | トップページ