« 「松山文創園区」と「華山1914文創園区」 | トップページ | 国立成功大学建築学部作品展 »

2017年6月18日 (日)

袖珍博物館 

ミニチュアアートの美術館というよりドールハウスと言ったほうが分かりやすいか・・・
名前は「袖珍博物館」で雑居ビル?の地下にある。
この日も雨模様で昨日と同様にインドア・イベントで雨を凌いでいた次第。

まぁ、この手のミニチュアは大変良くできているのだが、小物や雑貨や食器などはそれ専用に制作し、
販売もしているという。
この世界も奥が深そうである。
日本語の解説もそれなりにあり、製作に何年も費やしたなどの製作秘話が書かれていた。

D01

D02

D03

D04

D05

D06

D07

実はこの博物館に来る途中に「Music Corner」なるライブハウスがあり、
夜な夜なオジサンバンドが70~80年代の懐かしの洋楽を演奏している。
先日、訪れた時にギネス黒ビールのプロモーション・ガールとチョット話をしたのだが、
日本人はあまりこないという。

それにして台北のオジサン、オバサンはノリがイイ!
合いの手?を入れながら踊りまくっていた。

で、また関係ない話なのだが、この「Music Corner」の隣に「MR.BROWN COFFEE」というコーヒーショップがあり
併設する形で「KAVALAN」の販売店がある。
まぁ経営母体が「金車股份有限公司」という同じ会社ということなのだが、
この「KAVALAN」は、ISC国際スピリッツコンペ 2010年金賞、SWSCロサンゼルス世界スピリッツコンペ2010年金賞、
WWAWAワールドウィスキーアワードベストシングルモルト賞などを受賞した台湾が誇るウィスキーなのである。

この話は後日に・・・・・・

|

« 「松山文創園区」と「華山1914文創園区」 | トップページ | 国立成功大学建築学部作品展 »

台湾」カテゴリの記事

美術館・博物館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/65435301

この記事へのトラックバック一覧です: 袖珍博物館 :

« 「松山文創園区」と「華山1914文創園区」 | トップページ | 国立成功大学建築学部作品展 »