« 尾瀬早秋 | トップページ | 「宇宙と芸術展」 »

2016年10月10日 (月)

新宿フォークソングが流れる街

新宿フォークソングが流れる街

Dscn1640

~新宿 フォークソングが流れる街~
というタイトルが付いているが、「新宿にはフォークソングは流れていなかった」
と司会のなぎら健壱氏が淡々と語っていた。
1960年代後半、新宿にフォークソングが流れていたのは新宿西口広場だけである。
で、ここで歌っていたのは反戦集会の人達でマスコミは彼らを“フォークゲリラ”と呼んでいた。
当時の正真正銘?のフォークシンガー達は彼等を認めてはいなかった。
この集会は次第に大規模になり、参加者が1万人以上にもなった。
警察はこれを排除すべく西口“広場”から西口“通路”(=公道。集会や蝟集などは歩道不法占有とされる)へと変更し、
機動隊を導入しこれを排除した。
反体制が“かっこよかった”時代である。生きる目的、あるいは自分の存在価値をこれに見出しかったのだろう。
まぁ、若気の至りとでもいうか、自分自身も当時を振り返り若気の至りの記憶が甦るコンサートであった。

|

« 尾瀬早秋 | トップページ | 「宇宙と芸術展」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/64392123

この記事へのトラックバック一覧です: 新宿フォークソングが流れる街:

« 尾瀬早秋 | トップページ | 「宇宙と芸術展」 »