« 2016年9月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年10月

2016年10月29日 (土)

SHURE M-97xEとリズム&ブルース

Photo

現在、母屋をリフォーム中である。
リフォームに先立ち母屋に置いてあったレコード達やレコード・プレーヤーを持ってきた。
アンプは廃棄してしまったので、YAMAHAのアンプを購入し、カートリッジ類も針の交換が難しくなってきているので
新規にSHURE M-97xEを購入したのだが、これが結構メリハリもあり音の鮮度?も良好なのである。

Photo_2

で、好んで聴いている音楽は何故か?リズム&ブルースが多い。
マービン・ゲイやカーティス・メイフィールドなどなど・・・
そして、先日行った「Peter Barakan’s LIVE MAGIC!」で購入したリズム&ブルースのコンピレーションアルバムも良く聴いている。
これはBarakan親子が選曲/監修の2枚組LP『Family Groove』で、ジャズ寄りのリズム&ブルースの名曲が収められており、
究極のアナログ・サウンドが楽しめる。
で、改めてハモンド・オルガンの音色に惚れ込んでいる今日この頃なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月23日 (日)

「Peter Barakan’s LIVE MAGIC!」

Dscn1693

ピーター・バラカンが監修する音楽フェスティヴァル「Peter Barakan’s LIVE MAGIC!」
ここに来れば新しい音楽に出会える!という風の噂?を頼りに恵比寿ガーデンプレイスまで赴く。
まぁ、お目当ては「REI」と井上堯之が抜けた「EnTRANS」がどんな音楽をやるか?という単純な好奇心もあったのだが、
終わってみれば大満足である。
特にスライドギターのオンパレードにはオジサン涙ちょちょぎれである。
「JACK BROADBENT」さん、貴方の左手に持っているは何?ひっとしてウイスキーのボトル(小瓶)!!ボトルネックではないの?
貴方の親指はそうしてそんなに動くの?  イヤイヤ、楽しみなニューフェースである。
そして「SONNY LANDRERTH」さん、貴方のスライドギターは音楽の玉手箱や~~!!
緩急絡めるギタープレイはスライドギターの可能性を無限にまで高めております。
「デレク・トラックス」もいいのだが、音楽の自由度、可能性で言えば「SONNY LANDRERTH」の方がオジサンの好みだなぁ・・・
と感じた今日この頃である。

追伸:FOOD MAGICで食べた「鯖サンド」ウマカッタ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月22日 (土)

「サンティアゴ巡礼報告会・懇親会」

Ago2015_henro_caminodesantiago

日本カミーノ・デ・サンティアゴ友の会が主催する「サンティアゴ巡礼報告会・懇親会」に参加。
ワタクシ、以前よりこの巡礼路に並々ならぬ関心があり、出来れば来年にでも歩きたいと考えており、
体験者の話を是非聞きたいと思い参加した次第。
ちなみに最近友の会の会員にもなった。

で、今日の報告会・懇親会の感想は・・・・・やはり経験者の話はためになる。という
きわめてまっとうで当たり前の話である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月16日 (日)

「宇宙と芸術展」

「宇宙と芸術展」

Dscn1644

Dscn1651

Dscn1653

Dscn1670

Dscn1685

曼荼羅から宇宙人まで・・・・人類の想像力の限りを尽くして表現している。
最近の宇宙物理学では「半重力」と言われる暗黒エネルギーが存在しこれが宇宙を膨張させているという。

宇宙という無限大の存在を感じると共に、人の想像力の無限大も感じさせるくれるそんなイベントである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月10日 (月)

新宿フォークソングが流れる街

新宿フォークソングが流れる街

Dscn1640

~新宿 フォークソングが流れる街~
というタイトルが付いているが、「新宿にはフォークソングは流れていなかった」
と司会のなぎら健壱氏が淡々と語っていた。
1960年代後半、新宿にフォークソングが流れていたのは新宿西口広場だけである。
で、ここで歌っていたのは反戦集会の人達でマスコミは彼らを“フォークゲリラ”と呼んでいた。
当時の正真正銘?のフォークシンガー達は彼等を認めてはいなかった。
この集会は次第に大規模になり、参加者が1万人以上にもなった。
警察はこれを排除すべく西口“広場”から西口“通路”(=公道。集会や蝟集などは歩道不法占有とされる)へと変更し、
機動隊を導入しこれを排除した。
反体制が“かっこよかった”時代である。生きる目的、あるいは自分の存在価値をこれに見出しかったのだろう。
まぁ、若気の至りとでもいうか、自分自身も当時を振り返り若気の至りの記憶が甦るコンサートであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 7日 (金)

尾瀬早秋

草紅葉(くさもみじ)を愛でに恒例の尾瀬トレッキング。

Dsc05079

Dsc05080

秋雨の合間には虹が現れた。

Dsc05047

冬を迎える前に木道の架け替え工事が始まっており、
ヘリによる荷揚げが行われていた。
尾瀬の木道の全長は65kmにも及ぶのだが、
木道の傷み具合や工事の必要性を鑑みながら、計画的に架け替え工事を行っており、
東京電力、環境省、群馬県や福島県、南会津村、桧枝岐村等がそれぞれ管理をしている。

Dsc05071

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年12月 »