« 「月江寺昭和レトロエリア-そぞろ歩き」 | トップページ | 「Blue Note JAZZ FESTIVAL」 »

2016年9月12日 (月)

「ヨコスカトモダチJAZZ 2016」

戦後ジャズのメッカだった「EMクラブ」(米海軍下士官兵集会所)の音楽風景を再現しようと
9月3日・4日、横須賀・本町ドブ板通りから中央エリアを舞台に「ヨコスカトモダチJAZZ 2016」が初開催された。

111

444

555

222

333

666

海軍工廠(現米海軍横須賀基地)前に建てられていた旧日本海軍の下士官兵集会所は終戦後は占領軍に接収され
米海軍下士官兵集会所、通称「EMクラブ」として使用されていた。
そして世は移り年号も昭和から平成に変わり、平成2年に解体工事が始まり、
平成6年2月に国内有数のオペラハウス「横須賀芸術劇場」とホテルへと生まれ変わったのである。

ワタクシ、この「EMクラブ」には入ったことがない。
というよりも「ドブ板通り」には近づくことは御法度だったのである。 
まぁ、泥沼化したベトナム戦争はワタクシの小中高時代と重なり、
殺気立ったアメリカ兵がうろつく「ドブ板通り」は怖くて近づけなかったのである。

で、この「ドブ板通り」にあった「EMクラブ」が戦後ジャズのメッカだったと言われても実感がなく、
中学、高校時代はビートルズやクリーム、ピンクフロイド、そしてディープ・パープルなどの洋楽にのめり込んでいたのである。

ジャズに興味を持ったのはマイルスの「ビッチェズ・ブリュー」からで、その後オスカー・ピーターソン、セロニアス・モンク、
キース・ジャレットなどのジャズピアノやウエス・モンゴメリー、ジム・ホール、パット・メセニーなどのジャズギターや、
クインシー・ジョーンズやメイナード・ファガーソンなどのビッグバンドなども良く聴くようになったのである。

そして、新宿や六本木のジャズのライブハウスにも足繁く通うようになり、渡辺香津美や向井繁春などのステージを楽しんだ時代もある。
特に六本木のピット・インでのエリック・ミヤシロのトランペットには度肝を抜かれた。
メイナード・ファガーソンばりのハイノート・ヒッターでその音圧が肌で感じられるほどなのである。
レコードデビューしたてのある女性ジャズシンガーを知ったのもその頃でよくステージの合間に酒を飲んだ。
まぁ、良き思い出である。

で、話は戻り「ヨコスカトモダチJAZZ 2016」である。
キャッチコピー?はドブ板通りが「バーボンストリート」のように・・・・である。

まぁ、このイベントは末永く続いてもらいたいと願う今日この頃なのである。

|

« 「月江寺昭和レトロエリア-そぞろ歩き」 | トップページ | 「Blue Note JAZZ FESTIVAL」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/64193029

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヨコスカトモダチJAZZ 2016」:

« 「月江寺昭和レトロエリア-そぞろ歩き」 | トップページ | 「Blue Note JAZZ FESTIVAL」 »