« 富良野GROUP 『屋根』 | トップページ | 「ワイン展―ぶどうから生まれた奇跡―」 »

2016年2月14日 (日)

「始皇帝と大兵馬俑」展

000

上野の国立博物館で「始皇帝と大兵馬俑」展が開催されている。
この事は知っているし、そしてチケットも入手済みである。
しかし、なかなか訪れる機会がない、というよりもあまり興味がないと言ったほうが本音なのかもしれない。
実はワタクシ数年前に西安を訪れ本家本元?の「兵馬俑」を見ているのだ
従って何を今さらジローということなのだが、じゃ、何故?チケットを買ったのか?
まぁ、「大兵馬俑」展ということで条件反射的に?衝動的に?買ってしまったのだろう。
で、時間が過ぎてゆき本展覧会も今月の21日までの開催となり、やっと重い腰を上げて上野へと向かったのである。

9時半に到着したが既に長蛇の列で入場が制限されていた。
日本語による秦という国家を築くまでの歴史やその時代の品々の説明は良かった。
しかし、後半の兵馬俑の実物展示はやはり迫力不足である。
あの圧倒的な迫力はやはり現地に行かないと体感はできないのだろう。
で、やはり最初に展示されていいたのは「跪射俑」である。
西安のガイドも兵馬俑の全権大使という説明をしていたが、世界中で開催される「兵馬俑展」に必ず展示される
片膝を立てて弩弓を携えている俑である。

111

これは西安の兵馬俑博物館で撮影した「跪射俑」である。

まぁ、それにしても大変な混雑である。西安の兵馬俑博物館は見学者はそこそこいるのだが、博物館は広く
混雑することはない。
やはり、現地に行くことをワタクシはお勧めします。

222

上の写真は現地で撮影したもので迫力が違う・・・・

昼前に見学を終えたのだが入場を待つ見学者の列は正門近くまで続いていた。
恐るべし、兵馬俑フィーバーである。

|

« 富良野GROUP 『屋根』 | トップページ | 「ワイン展―ぶどうから生まれた奇跡―」 »

歴史・考古学」カテゴリの記事

美術館・博物館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/63210513

この記事へのトラックバック一覧です: 「始皇帝と大兵馬俑」展:

« 富良野GROUP 『屋根』 | トップページ | 「ワイン展―ぶどうから生まれた奇跡―」 »