« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月17日 (水)

「よこすか都市景観フォーラム」

ワタクシの家系は親子3代横須賀生まれで祖母が大正時代に横須賀に移り住み戦後まで海軍相手の下宿屋やカフェを営んでいた。
戦後になると両親や叔母達は米軍基地の中で働き、祖母は海上自衛隊相手の下宿屋を同じように経営していたのである。
まさにワタクシの家系は基地と共に歩んできたのである。

まぁ、そのような時代背景が家族にはあり、従って海軍と関わってきた街の遍歴には大いに興味がある。
で、個人的にシコシコ調べてきてはこのブログに書き込んできたという経緯がある。

そんなワタクシにドストライクなイベントが先日開催れた。
よこすか都市景観フォーラム」というイベントで講演者の一人は山本 詔一さんで、
海軍とまちづくりというテーマで講演するという。
これは是非聴かねばならぬ、ということで参加してきた。

111_3

222_3

オーディエンスの大半はオジイサマ、オバアサマ方である。
山本氏の講演内容は非常に興味深く、知ってはいるが、詳細までは知らなかった歴史を知ることが出来た。
彼の講演内容に関係するだろうワタクシのブログ記事は下記のようなものがある。

「横須賀高等女学校跡」
http://take4-san.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_733c.html

「横須賀駅」
http://take4-san.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_9699.html

「海軍料亭 小松」
http://take4-san.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post_682f.html

ご近所探索「聖徳寺坂」
http://take4-san.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-de54.html

中島三郎助まつり、そして浦賀のあれこれ
http://take4-san.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_a2ce.html

日米親善ベース歴史ツアー、そして「ジョージ・ワシントン」
http://take4-san.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-baaf.html

ご近所探索「枇杷(ビワ)山トンネル」
http://take4-san.cocolognifty.com/blog/2008/06/post_5620_1.html

三笠を想う
http://take4-san.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_ec8f.html

ご近所探索「上町建築巡り」
http://take4-san.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_ac73.html

うらが道
http://take4-san.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_d03d.html

ご近所探索「雨のうぐいす坂」
http://take4-san.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_2d65.html

横須賀の近代建築-建造物が語る先進都市ヨコスカ-
http://take4-san.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_78c9.html

まぁ、個人的にブログのカテゴライズをやってなかったので
「ご近所探索」というカテゴリーを作った。
      ↓
http://take4-san.cocolog-nifty.com/blog/cat23965695/index.html

けっこうな項目がありますなぁ・・・・

Aaa_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月14日 (日)

「ワイン展―ぶどうから生まれた奇跡―」

333

「始皇帝と大兵馬俑」展の後は科学博物館で開催されている「ワイン展―ぶどうから生まれた奇跡―」に立ち寄る。
ワタクシは昔はハードリカー専門でワインなんぞ女子供の飲み物だと小バカにしていたのだが、最近は寄る年波?には勝てず
ビールやらワインを愛好している次第。
まぁ、ドバイやインドといったアルコールがあまり浸透していない国々で生活してきており、これらの国々ではウイスキーよりも
ワインが比較的簡単に手に入る環境だったのも関係があるのかもしれない。
こちらの展覧会も今月の21日までである。

ワインの歴史は紀元前六千年に遡るという。
ブドウを土瓶などに保存して長期間放置しておいたら発酵してワインになっていた。
という奇跡でもなんでもない必然?の産物なのである。
つまり糖分の高いブドウは余計な処理を行わなくても発酵するのであり、
日本酒の場合は麹を使いデンプン質を糖分に変えるのである。

まぁ、ワインとは何ぞや?という小難しい話はあるのだが、安くてうまいワインがあればワタクシは幸せである。
そしてチーズとバゲットがあればワタクシは生きてゆけるのである。

そういえば先日「古民家で楽しむ日本ワインと日本のチーズ」というイベントに参加したのだが、
日本のワイン、チーズもフランスに負けない日本独自のテイストを持っておりオジサンはウレシイ。

今日はワインとチーズ、そしてバゲットで夜のひと時を過ごすとするか・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「始皇帝と大兵馬俑」展

000

上野の国立博物館で「始皇帝と大兵馬俑」展が開催されている。
この事は知っているし、そしてチケットも入手済みである。
しかし、なかなか訪れる機会がない、というよりもあまり興味がないと言ったほうが本音なのかもしれない。
実はワタクシ数年前に西安を訪れ本家本元?の「兵馬俑」を見ているのだ
従って何を今さらジローということなのだが、じゃ、何故?チケットを買ったのか?
まぁ、「大兵馬俑」展ということで条件反射的に?衝動的に?買ってしまったのだろう。
で、時間が過ぎてゆき本展覧会も今月の21日までの開催となり、やっと重い腰を上げて上野へと向かったのである。

9時半に到着したが既に長蛇の列で入場が制限されていた。
日本語による秦という国家を築くまでの歴史やその時代の品々の説明は良かった。
しかし、後半の兵馬俑の実物展示はやはり迫力不足である。
あの圧倒的な迫力はやはり現地に行かないと体感はできないのだろう。
で、やはり最初に展示されていいたのは「跪射俑」である。
西安のガイドも兵馬俑の全権大使という説明をしていたが、世界中で開催される「兵馬俑展」に必ず展示される
片膝を立てて弩弓を携えている俑である。

111

これは西安の兵馬俑博物館で撮影した「跪射俑」である。

まぁ、それにしても大変な混雑である。西安の兵馬俑博物館は見学者はそこそこいるのだが、博物館は広く
混雑することはない。
やはり、現地に行くことをワタクシはお勧めします。

222

上の写真は現地で撮影したもので迫力が違う・・・・

昼前に見学を終えたのだが入場を待つ見学者の列は正門近くまで続いていた。
恐るべし、兵馬俑フィーバーである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 9日 (火)

富良野GROUP 『屋根』

Photo

先日の金曜日は国立新劇場で倉本聰 さん作・演出の「屋根」を観て来た。

倉本さんといえば「北の国から」が有名であるが、ワタクシはリアルタイムでは観ていない。
当時のワタクシは毎日飲んだくれておりテレビを見ていない。
しかし、倉本さんの名前とその作品は知っていた。

遅ればせながら「北の国から」を観たのは約20年後で富良野に旅をして五郎さんの家を見てようやく見る決心がついたのである。
皆さんはテレビを見て感激し富良野を訪れるのだが、ワタクシは石の家を見てドラマに興味を持ちDVDで一気観賞?をしたのである。
まぁ、そんな話はどうでもいい。

この「屋根」という作品だが、“屋根”を通して家族の絆を描いている。
そしてもう一つのキーワードが“縄”である。道具としての縄であり、記憶の縄でもある。
これにやられた。
涙腺が緩くなった後半はこの“縄”で涙ボロボロ。
感極まり一瞬息が出来なくなり呼吸困難状態。
死ぬかと思ったほどである。

昔から江戸文明に憧れていたワタクシにとって
金・モノ・情報に溢れ、踊らされている今の社会はどうも住みづらいと改めて実感した次第なのだが、
今の物質、消費文明に生きる若者にも是非見てもらいたい芝居である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 1日 (月)

神奈川県立近代美術館鎌倉(鎌倉市、通称カマキン)が閉館!

ワタクシの人生と共に歩んできた?通称「カマキン」が1月31日で一般公開を終え、3月末に閉館となる。
で、最後の展覧会が開催されているので先月見納めに行ってきた。

通称「カマキン」、正式名称は神奈川県立近代美術館鎌倉が開館したのは戦後間もない昭和26年である。
設計はアノ!ル・コルビュジエの弟子である坂倉準三である。
そういえば「カマキン」でも「坂倉準三展」が催されたことがあった。

今後は耐震補強を施し、鶴岡八幡宮に譲渡されて文化的施設として使用されるというが詳細は不明である。
鉄骨の架構に大谷石を積み上げて壁を構成している1階ピロティ部は構造的に補強が必要で耐震補強後はその軽やかな姿はまず拝めないだ ろう。

ワタクシも幾度か訪れる度に抱く感情がある。
それは建築デザインに対するプリミティブな情熱である。
それも今後はもう感じられなくなると思うとチト、サビシイ・・・・と感じる今日この頃なのである。

111

222

333

444

555

 

666

777

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »