« 「SHUNGA 春画展」 | トップページ | 梯子乗り »

2016年1月 7日 (木)

手斧始式

毎年1月4日に鎌倉は鶴岡八幡宮で「手斧始式」(ちょうなはじめしき)という神事が執り行われている。

Ccc

元々は源頼朝が現在の地に八幡宮を建てた時に、造営事始の名の下に手斧始めの神事を行なったのが始まりで、今では八幡宮で行なう年中の営繕の行事始めであるとともに鎌倉全市の工事始めとして、毎年1月4日鎌倉在住の建築業者によって挙行されている。

古来より大工道具の三種の神器とされてきた差し金(サシガネ)あるいは曲尺、手斧・釿(チョウナ)、墨壷(スミツボ)を主役に鋸、槍かんな、などの道具を使い古式ゆかしい大工職人の仕事を再現している。

これらの道具の中で手斧・釿と槍かんなは今では使われることはほとんどないだろう。
宮大工の仕事で使うことはあっても今では電動工具が主役である。

で、この手斧・釿は主に柱や梁など用材の荒削道具として使われてきたのだが、大工道具の生きた化石ともいわれ、古墳時代の鉄製の出土物にも見られる道具なのである。西暦紀元頃の登呂の遺跡の木製遺物にも釿で加工したような痕が残っているという。

この様な神事は日本全国の神社や寺で行われており神奈川県では鶴岡八幡宮で執り行われている。

何はともあれ古式ゆかしい儀式を見て、悠久の時を超え古代の造営に思いを馳せた今日この頃である。

なお、この記事は過去に掲載された記事を一部修正したものです。
   ↓
手斧始式
http://take4-san.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-818c.html

Bbb
工匠の儀

Ddd
鋸役の儀

Eee
墨打役の儀

Fff
手斧役の儀

Ggg
槍鉋役の儀

Photo
八幡宮で頂いた手斧始式の説明書

片手撮影のためチョット傾いてしまった・・・・・

|

« 「SHUNGA 春画展」 | トップページ | 梯子乗り »

建築」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

歴史・考古学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/63020245

この記事へのトラックバック一覧です: 手斧始式:

« 「SHUNGA 春画展」 | トップページ | 梯子乗り »