« ソパ・デ・アホ | トップページ | サンダカン八番娼館 望郷 »

2015年2月 4日 (水)

カメラの記憶 「ホイアン」

ネタがない困った時は怖いもの知らずの蔵出し頼み!?ということで引っ張り出してきたのはベトナムはホイアンのスナップである。

25年ほど前か・・・所用でベトナムのダナンに3度ほど行ったことがあり、周辺の街にも良く足を延ばした。
その一つに“ホイアン”がある。ダナンの南30キロに位置し、車で40分ほどの距離。

古くから国際貿易港として繁栄してきた街であり、古い町並みは1999年に世界遺産に指定された。
実はこの街、日本人ゆかりの街でもある。
江戸幕府初期、朱印船貿易による貿易が栄え、最盛期で約1,000人の日本人が居住し日本人街を形成していたのである。
しかし、その繁栄は約30年ほどで江戸幕府の鎖国により往来が途絶えた。

で、街中にその日本人街の名残がある。
来遠橋(日本橋) - 中国風の屋根付橋だが、1593年に日本人が建設したと伝えられ、2万ドン札の裏側にも印刷されており、
現代のベトナム語ではChùa Cầu(橋寺)とも呼ばれている。
梁を支える腕木の意匠に日本を感じますなぁ・・・

25年以上前の写真なので今の街並みと微妙に違うかもしれない・・・・

ホイアン観光ガイド↓
http://www.hoian.kankoguide.info/

そうそう、最近のニュースでホイアン市が「一番気に入る観光地に選ばれる」と報道されております。

来遠橋

001027


001025


001023


001028


001026

|

« ソパ・デ・アホ | トップページ | サンダカン八番娼館 望郷 »

カメラの記憶」カテゴリの記事

建築」カテゴリの記事

歴史・考古学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/61083995

この記事へのトラックバック一覧です: カメラの記憶 「ホイアン」:

« ソパ・デ・アホ | トップページ | サンダカン八番娼館 望郷 »