« ジャカルタの渋滞について、そして安全度は? | トップページ | ダコタを想う part-2 『鷲は舞い降りた』 »

2015年2月11日 (水)

ダグラス DC-3(ダコタを想う)part-1

先日、『1961年に消息絶った航空機、アンデスに残骸』というニュースがあり、
その記事の中に懐かしい言葉がありしばし感慨に耽ってしまった。

その記事の内容とは次のようなものである。

「AFP通信などによると、南米チリのテレビ局は8日、同国で1961年4月に消息を絶ったラン航空(チリ)の
 ダグラスDC-3型機の残骸がアンデス山脈で見つかったと伝えた。」

という内容で、懐かしい言葉とは“ダグラスDC-3型機”である。

写真の“ダグラスDC-3型機”はスイス航空のもの

Sr_dc3


“ダグラスDC-3型機”は 通称ダコタと呼ばれ、第二次世界大戦でもっとも活躍した双発輸送機である。
第二次世界大戦後は民間輸送機仕様に改造され、旅客機にも流用されている。

                                                           part-2に続く・・・

|

« ジャカルタの渋滞について、そして安全度は? | トップページ | ダコタを想う part-2 『鷲は舞い降りた』 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/61118121

この記事へのトラックバック一覧です: ダグラス DC-3(ダコタを想う)part-1 :

« ジャカルタの渋滞について、そして安全度は? | トップページ | ダコタを想う part-2 『鷲は舞い降りた』 »