« 「歴史の真実」とは?そして明治維新と南北戦争の関係 | トップページ | 「ドリアンと酒」、「ラーメンとご飯」そして「けいおん!」へと続く・・・ »

2015年1月20日 (火)

「ムカルサリ果樹園」(Taman Wisata Mekarsari)

先週の土曜日は「ムカルサリ果樹園」(Taman Wisata Mekarsari)をJalan-Jalan。

雨季は果物のシーズンでもある。で、雨の合間を見計らい?果樹園をJalan-Jalanするのだが、 ここの果樹園はとにかく広い!
264Ha(ヘクタール)という広大な敷地にインドネシア全国津々浦々から集められた
ありとあらゆる果樹がそこに植えられており、44科362種の果樹コレクションは変種を合計すれば1,463にのぼるという。
ドリアン、マンゴ、パイナップル、ランブタン、マンゴスチン、スターフルーツ(ブリンビン)、ナンカ、スイカやメロン、などなど、
まぁ、東南アジアで見られるほとんどの果物がここにはあり、どのような状態で実が生っているのかがよくわかる。
ワタクシもドリアンやスターフルーツ、そしてカシューナッツなどが木に生っているのを初めて見た次第。

果物の即売所もあるのだが、バザールよりも若干高めで、スーパーよりは若干安い程度か・・・
メロンも自分で収穫し量り売りで買うことが出来る。重さにもよるが普通のメロンで150~200円で、
マスクメロンで100~150円といったところか・・・・
お味は・・・普通にウマイ・・・・

冒頭にも述べたがここの果樹園はとにかく広い!で、そのくらい広いか?
日本では広さを比較する場合よく東京ドーム何個分という表現を使うのだが、
では、ムカルサリ果樹園の264Ha(ヘクタール)は東京ドーム何個分なのか?

東京ドームの建築面積は46,755 ㎡、つまり約4.7ha(ヘクタール)である。
従って、264÷4.7=56.17となり東京ドームの面積に換算すると約56個分となる。
先日行ったボゴール植物園は約80haなので東京ドーム約29個分となる。
ちなみに、東京ディズニーランドは東京ドーム約17個分の広さしかない。

東京ドーム56個分の広さゆえ、歩いているのは我々だけでインドネシアのお方達は園内周遊バスで悠々楽々とお見物。
まぁ、こちらのお方は本当に歩かない。 チョット古いネタだが東南アジアの都市と交通を話題にしたことがあるのだが、
東南アジアの都市で「抵抗なく歩ける距離」はたった100~200メートル!だという統計結果がある。
歩幅を60cmと仮定すると166~333歩程度しか歩く気がないのである。
ローカルのオバチャンなどは数百メートルの移動でもアンコッタ(ミニバス)を使っている。

ちなみに、ワタクシのこの日の万歩計の値は16,900歩なり、約10kmである。
まぁ、かくゆうワタクシも歩かない・・・・
最近の平均歩数は4,000歩あるかないか・・・・
コマッタモンデアル・・・・
で、今日の一句
「月一の 歩きだけでは 意味がない」・・・・m(__)m・・・・・

アレ・・・果樹園なのに・・・・果物の画像がナイ・・・・・・何でだろう・・・・?

Dsc00712_2

Dsc00722

Dsc00725

Dsc00727

Dsc00737

Dsc00738

Dsc00739

Dsc00740

Dsc00747

Dsc00755

Dsc00785

Dsc00790

|

« 「歴史の真実」とは?そして明治維新と南北戦争の関係 | トップページ | 「ドリアンと酒」、「ラーメンとご飯」そして「けいおん!」へと続く・・・ »

インドネシア」カテゴリの記事

ハイキング&トレッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

綺麗な園内でしたね。
あの時に買った四角のメロンは、今朝食べました。
ジューシーさにちょいかけるが、甘さ最高でした。

投稿: tamin | 2015年1月27日 (火) 10時26分

どうやらこの手のメロンは「カクメロ」といい、日本の愛知県立渥美農業高等学校が開発したものらしいですな。

カクメロ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%AF%E3%83%A1%E3%83%AD

型枠に秘密があるらしい・・・・
まぁ、味には影響ないでしょう・・・・・

投稿: take4 | 2015年1月27日 (火) 18時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/60999542

この記事へのトラックバック一覧です: 「ムカルサリ果樹園」(Taman Wisata Mekarsari):

« 「歴史の真実」とは?そして明治維新と南北戦争の関係 | トップページ | 「ドリアンと酒」、「ラーメンとご飯」そして「けいおん!」へと続く・・・ »