« カクメロ、そしてストレスと音楽(振動)との関係・・・・?(その1) | トップページ | ソパ・デ・アホ »

2015年1月30日 (金)

カクメロ、そしてストレスと音楽(振動)との関係・・・・?(その2)

そして、“音楽”と植物(野菜・果物)の生育の関係も以前から話題としてあった。

Photo_3


「ロックミュージックを聴かせた植物は、音楽から逃れようとするかのように反対側に傾き、
バッハを聴かせた植物は豊かに育ち、音楽に聴き入ろうとするかのように音のする方向に傾いたという。
(ちなみに、最も効果があったのはバッハのオルガン曲らしい)

以前あるテレビ番組で植物にモーツァルトを聴かせ、その生育状態を観察した実験があったが、
その時はモーツァルトを聴かせた植物の方が生育が早かった記憶がある。

「モーツァルト効果」は本当!?
 http://www.epochtimes.jp/jp/2012/01/html/d41799.html

まぁ、音楽の周波数(振動)が生育を“刺激”するからだろうということは素人のワタクシでも容易に推測できる。
また、振動というか超音波でも“酒”が美味しくなるらしい。

以前、メガネの超音波洗浄機に安物のブランディーを入れて一昼夜作動させたところ、
まろやかな上質なブランディーに変身!したという記事を以前読んだことがある。

超音波で酒は美味しくなる!?
http://matome.naver.jp/odai/2141839102619679701

まぁ、超音波の振動で分子間が密になるのでまろやかになるのだろうということは
素人のワタクシでも容易に推測できる。(何処かで聞いたセリフだ?・・・・)

誰か?植物(野菜・果物)にストレスを与え、かつ“音楽”を聴かせて栽培する奇特なお方はいないだろうか?
費用対効果が悪すぎるか・・・・
是非どこかのテレビ番組で実験して欲しいと願うのだが・・・・・

ストレスは植物を強くさせる。しかし、最近の人間達はこのストレスに弱い。
明治維新以降の管理・情報社会で精神的ストレス耐性が極端に弱まっている。
ストレスに対峙し克服しようとはせず、避け、逃げるのでさらに精神的に弱まり「躁鬱病」なる現代病も最近では多い。
と、バッサリ切ったが、実は「ストレス」と「躁鬱病」の因果関係も良く分かっていないのが現状らしい。

で、日々積り重なる“ストレス”をどのように解消すればいいのか?
ワタクシの場合は「音楽」である。70~80年代フォーク、歌謡曲、ロックにジャズ、そしてクラッシクと
WalkManには3000曲以上の音楽、そして落語やオーディオ・ブックが詰まっている。
そして適度なα波により脳内をリフレッシュさせているのである・・・ホンマカイナ・・・?
まぁ、ワタクシにとって“音楽”は日常生活の一部であり、なくてはならないモノなのである。

植物には適度な「ストレス」と「音楽」が必要なのかもしれないが、
人間は「ストレス」で弱り、「音楽」で癒されるというのか・・・・・・?
いや、「音楽」こそが必要なモノなのかもしれない。
(ワタクシの場合、最近ではあまりストレスはないのだが・・・・)

で、今日の一句
「ストレスや  音楽聴いて  解消す」 まんまやね・・・・・m(__)m・・・

|

« カクメロ、そしてストレスと音楽(振動)との関係・・・・?(その1) | トップページ | ソパ・デ・アホ »

Foods & Drink」カテゴリの記事

サイエンス」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/61052763

この記事へのトラックバック一覧です: カクメロ、そしてストレスと音楽(振動)との関係・・・・?(その2):

« カクメロ、そしてストレスと音楽(振動)との関係・・・・?(その1) | トップページ | ソパ・デ・アホ »