« Gunung Putri(グヌン・プトゥリ)インドセメント工場近郊の山間をJalan-Jalan | トップページ | 瑠惑(ルアック) 珈琲焼酎 »

2014年12月16日 (火)

EXODUS: GODS AND KINGS  邦題「エクソダス:神と王」

Moviesexodusgodsandkingsposter01


気怠い日曜日の午後、近所の日本レストランにてビール&「カツ煮定食」でまったりと遅めのランチをとった後は、
お決まりの「CINEMA 21」(映画館)へと足を運ぶ。
先日より公開されている“EXODUS: GODS AND KINGS” (邦題「エクソダス:神と王」)を観るためである。

この映画だがモーセの「十戒」の最新バージョンである。
旧約聖書の出エジプト記をもとにして、モーセに率いられたヘブライ(ユダヤ)人達がエジプトを脱出する過程を描写した作品であり、
海が割れる?シーンは特に有名である。

約2時間30分の大作ながら、あの長大な叙事詩をこの時間内に収めるのはやはり無理があるなぁ・・・
そして、この映画は偉大なる預言者「モーセ」というよりは、一人の苦悩する人間「モーセ」を描いているのだろう。

ワタクシ個人的にはランチ後のまったりとした時間を寝ることなく楽しみながら鑑賞できたので星3つなのだが、
一部の歴史マニアの間では「歴史・時代考証」がいい加減だと批判されているらしく、ツッコミどころ満載といったカンジらしい・・・・

確かに最近の調査・研究でも「鞭で打たれた」とか「奴隷」だったという説は古く、
パンやビールなどが与えれて待遇は悪くなかったという。

あの時代騎兵はいなかったし、ましてやサラブレッドに乗っていたとは・・・

そして、出エジプト40万人という数字はあまりにも盛り過ぎで、実際に起きた出来事だったとしても数百人程度だったのでは?
というのが最近の定説らしい。

何よりも、旧約聖書の核心部分ともいえるユダヤ人の出エジプト、ダビデ、ソロモンの軍事的大勝利といった出来事を示す物が
何一つ発掘されていないという事実がある。
(最近 ノアの方舟の木片が発見されたというニュースがあったがどうも怪しい・・・そういえば・・去年?これも映画化されていたなぁ・・・)

おそらく、旧約聖書はその当時のユダヤ民族が「こうあって欲しい」「こうあるべきだ」と考えた自分達の先祖の業績を、
自分達が当時置かれた政治的、民族的立場に何らかの正当性を与えるために作った大いなるフィクションなのかもしれない。

歴史に隠された真実とは? 最近このテーマをつらつらと考える今日この頃なのである。

ちなみに“EXODUS”とは
1【可算名詞】 [単数形で] (大勢の人の)外出; (移民などの)出国 〔of,from〕.
2 a  (イスラエル人の)エジプト出国[退去].
  b  【聖書】 出エジプト記 《旧約聖書中の一書; 略 Exod.》.
という意味になる。

今日の最新ニュースでは
北米映画興行収入、「エクソダス:神と王」が初登場首位
という記事が掲載されていた。

やはり、この手の老若男女が楽しめる映画は人気があるのだが、
リドリー・スコット監督のこの映画を作った本意は何なのか?興味がある。

|

« Gunung Putri(グヌン・プトゥリ)インドセメント工場近郊の山間をJalan-Jalan | トップページ | 瑠惑(ルアック) 珈琲焼酎 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

歴史・考古学」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/60817824

この記事へのトラックバック一覧です: EXODUS: GODS AND KINGS  邦題「エクソダス:神と王」:

« Gunung Putri(グヌン・プトゥリ)インドセメント工場近郊の山間をJalan-Jalan | トップページ | 瑠惑(ルアック) 珈琲焼酎 »