« 第6回ジョグジャカルタ世界遺産ウォーク PART-1 | トップページ | カメラの記憶 「ジャマイカ」 »

2014年11月18日 (火)

第6回ジョグジャカルタ世界遺産ウォーク PART-2

16日は“イモギリ歴史地区と周辺農村”をJalan-Jalan、

以下はそのスナップ。(面倒くさいから説明はナシ、どのような状況だったかは勝手にイマジンしてください)

Dsc00492

Dsc00500

Dsc00502

Dsc00508

Dsc00515

Dsc00524

Dsc00531

Dsc00533

Dsc00542

Dsc00549

Dsc00552

そうそう、ウォーキング終了後にプンパユン王女公邸にてプンパユン王女様より記念メダルの授与式&パーティあり。
一般ピーポーのワタクシごときがお目通りできるとは恐悦至極の極みなり。
そもそもメダルが授与される者は20Kmを二日間歩いた人間だけである。
たった10Kmを歩いた者なんぞ100年早いわーー!!顔洗って出直してこい!と本来ならば門前払いされるところなのだが、
今回は王女様のご厚意により(多分?)参加者全員(JWCからの参加者+α?)に授与されることになった次第。
実にありがたき幸せなり。

そして、これがそのメダルである。
     ↓

Dscn1347

Dscn1348

で、今日の一句
「ウレシイな  人生初の  メダルかな」・・・・・おそまつ

雨季が始まったインドネシアより・・・愛を込めて・・・・?

|

« 第6回ジョグジャカルタ世界遺産ウォーク PART-1 | トップページ | カメラの記憶 「ジャマイカ」 »

インドネシア」カテゴリの記事

ハイキング&トレッキング」カテゴリの記事

コメント

好きやねえ、一句詠むの。
マイアミで愛車コロナのタイヤが落ちた時も、詠んではりましたねえ。

投稿: do-yan | 2014年11月18日 (火) 22時28分

そうそう、あれは「クランク曲りきれず空中大ジャンプ激突事故」でしたなぁ・・
激突したアメ車はほとんど無傷状態だった・・・・
たしかあの時は、
「静けさや  タイヤの落ちる 悲しさよ」
とか詠った記憶があるなぁ・・・・
まぁ、お互いあの時死ななくてヨカッタと思う今日この頃だす。

投稿: take4 | 2014年11月19日 (水) 11時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/60674260

この記事へのトラックバック一覧です: 第6回ジョグジャカルタ世界遺産ウォーク PART-2:

« 第6回ジョグジャカルタ世界遺産ウォーク PART-1 | トップページ | カメラの記憶 「ジャマイカ」 »