« インドネシア、ホラー映画事情 | トップページ | グヌンパンチャールでJalan-Jalan »

2014年10月10日 (金)

紅葉とモミジ、そしてイチョウと銀杏の関係

Cc__

先日、知人と日本料理屋で一献している時の与太話・・・・

飲んでいる酒は「上善如水」。
で、アテは「鰹の塩辛」や「辛子明太子」などなど・・・

ちびりちびりと盃を重ね、話題は最近のデジカメのセンサーの凄さから日本の秋へと移る。

「日本ではもう紅葉の季節だね」
「そうだね・・紅葉のシーズンだ・・・皆で紅葉を観に行“こうよう”・・・・・」
「・・・・・・・・・」
「モミジ狩りとも言うなぁ・・・」
「ところで、モミジと紅葉は同じ意味だよ、というか漢字は同じで紅葉と書くんだ」
「エーーー!!ウソーーー!!」
「ホント!!」
「調べれれば分かる」
・・・スマホでシコシコ調べる・・・
「本当だ、紅葉と書いてモミジと読み、また“こうよう”とも読むのか・・・・」
「知らなかった・・何故なんだ!」
「分からんが明治の文豪達の言葉遊びかもしれないぁ・・・
 五月の蝿と書いてうるさいと読ますなんて当て字ゴッコが流行ったからなぁ・・・」

と、話は“紅葉とモミジ”から戦後のGHQの陰謀へと流れていくのだが・・・
ここで閑話休題。

Cc___a

後で調べて分かったのだが“紅葉とモミジ”の明治文豪説は誤りで、古くは万葉集の中にそのくだりがある。
万葉集には「モミジ」に「黄葉」を当てた歌が多く見られ、黄に色づいた葉が美しいとされていたようである。
もともとは、色が「揉出(もみいづ」というところから、葉の色が変わることを「もみつ・もみづ」といっていたらしい。
で、それが「モミジ」へと変化して、秋になり木の葉が赤や黄に色づくことや色づいた葉のことを表すようになったという。

そして平安時代以降は赤く色づいた葉が美しいとされ、「紅葉」という文字が多く使われ、
この漢字を音読みしたのが「こうよう」で、「モミジ」も「こうよう」も本来は同じ意味の言葉なのである。

ここ一つの疑問が浮かび上がってくる。
「モミジとカエデは違うのか?」
一般的に多くの人々は「モミジ」から「カエデ」を連想するのではないだろうか。

まぁ、カエデは古くから日本の山地に広く分布し、秋の風景に鮮やかな赤が目立ったために
「モミジ」といえば「カエデ」のことを指すようになったようである。
広辞苑にも「モミジ」は「カエデ」の別称と定義されている。
ちなみに、「カエデ」は「カエル」に由来し、カエルの手がカエデの葉に似ているとされ、
「カエルの手→カエルデ→カエデ」となったのである。

つまり、「紅葉」(こうよう)とは落葉広葉樹の葉が秋に赤や黄色に色づくことであり、またその様を表すのであり、
たまに「黄葉」(こうよう)と表記し紅葉の中でも黄色に色づく様を強調することもある。
そして「紅葉」(モミジ)は「紅葉」(こうよう)と同意語であり、「カエデ」の別称でもあるが
今では「紅葉」(モミジ)=「カエデ」として使われていることが多いようである。

Cc___b

「黄葉」(こうよう)で思い出すのが「イチョウ」である。
で、この「イチョウ」だが、その葉があひるの足に似ているということで中国では「鴨脚」(やーちゃう)と
呼ばれており、日本に伝わる際に「イチョウ」と変化したようである。

「イチョウ」の漢字表記は「銀杏」である。つまり「イチョウ」も「銀杏」も本来は同意語なのである。
歴史的には宋代(平安末期)に「銀杏」が中国から伝わったと推定され、本来、木の名でもあり、実の名でもあった。
その後、明代(室町時代)に、中国から銀杏の別名「鴨脚」(やーちゃう=イチョウ)が伝わり、
従来の表記の「銀杏の木」を「イチョウのき」と読むようになり、実のときだけ「銀杏」を「ぎんなん」と
古来の読み方で読んで、呼び分けるようになったという。

“紅葉とモミジ”も“イチョウと銀杏”も本来は同じ意味なのだが、時期が異なればその意味を変え
使い分けをするという日本人の粋な感性に驚嘆せざるをえないと感じた今日この頃なのである。

P1040726

※写真は全て秋の鎌倉で撮影したものである。

|

« インドネシア、ホラー映画事情 | トップページ | グヌンパンチャールでJalan-Jalan »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/60453793

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉とモミジ、そしてイチョウと銀杏の関係:

« インドネシア、ホラー映画事情 | トップページ | グヌンパンチャールでJalan-Jalan »