« スメル山・・・ああ試練の蟻地獄登山・・・ | トップページ | モスラ・・・モスラの歌・・・そして心の友 »

2014年6月 7日 (土)

ゴジラ・・・を想う・・そしてモスラへと・・・続く・・

Godzillagareth_edwardsposter006

数週間前に映画「GODZILLA」を観た。
まぁ、取り立ててどうのこうの言うつもりはない。
さすがに最新のVXF撮影の賜物で迫力はある!怖いくらいの迫力でゴジラが叫ぶ?と後ろの幼児も泣き叫ぶ!
こちとらヒマ潰しで観ているのでゴジラが叫ぼうが幼児が泣き叫ぼうが気にはならない、
がしかし、その叫び声同士がシンクロしており、そのシンクロぶり?があまりにも見事なので
しばし聞き入った次第。

このゴジラだがサンフランシスコに上陸し、「MUTO」なるカマキリ怪獣と死闘を繰り広げる。
最初、謙さん演じる教授が「MUTO」と言った時に、何?「武藤」さんがどうした?
とワタクシの頭の中で「武藤」さんがグルグルを駆け巡りワケワカメ状態になるも
「MUTO」がカマキリ怪獣だと分かり一件落着。

ふと思い出したのが初代「ゴジラ」は横須賀は観音崎の多々良浜に上陸したということである。
で、この上陸を記念?して多々良浜にゴジラの滑り台を作ったのである。
ワタクシの幼少時の遠足にこの多々良浜のゴジラの滑り台に行った記憶がある。
このゴジラの滑り台だが今は跡形もないが、その後久里浜は花の国にそれはそれは立派なゴジラの滑り台が完成した。

20130124050724_162445_3  Godzilla012_2

多々良浜にあったゴジラの滑り台

001131

こちらは現在久里浜は花の国にあるゴジラの滑り台

ちなみに観音崎の多々良浜の最寄駅は京急の浦賀駅だが駅メロは「ゴジラのテーマ」である。
しかし、初代ゴジラが観音崎の多々良浜に上陸したという明確な証拠は存在しないのである。
分かっているのは東京湾の架空の大戸島というところで東京品川近辺らしい。
広義で観音崎は東京品川近辺に含まれるのか?大戸島は観音崎を想定した場所だったのか?
謎が謎を呼ぶゴジラ上陸地点問題である。

ゴジラの語源は「ゴリラ(Gorilla)」と「クジラ」を掛け合わせた造語であることはマニア?なら常識である。
英語名の「GODZILLA」は何か違和感を感じるのだが・・・何でだろう?
常々気にはなっていたのだが、語頭の「GOD」である。「GOD」といえば“神”である。
この命名は日本サイドの東宝が考えて付けたらしいのだが、
語頭に神を意味する「GOD」をもってくることにより神と等しき唯一無二の存在であること、
そしてその強さなどを暗示させようとした狙いがあったようだ。
で、「ガッズィーラ」と発音し、“神”に等しき存在で人類の救世主的キャラクターであってほしいという願いもあるのかもしれない

かくして「ガッズィーラ」は人類を脅かすカマキリ怪獣「MUTO」と対決するのだが、
が、しかし、この「MUTO」なるカマキリ怪獣はどうにも頂けない。
まず名前が「武藤」(さん)ではご近所の郵便局員のオジサンを連想してしまい、「ガッズィーラ」と戦う図が想像できない。
また、カマキリ如きがゴジラと闘うなんぞ100年早いわ!顔を洗って出直して来い!とココロの中で思うのである。
やはりゴジラと闘うのはモスラであり、ラドンであり、キングギドラでなければならない、とオジサンは密かに思うのである。
そうそう、モスラは神秘的でヨカッタ・・・特にザ・ピーナッツ演じる小美人という双子の妖精、そして歌う「モスラの歌」は幼ゴコロに
深く刻まれているのであった。

ということで話は「モスラ」へと続くのである・・・・・(To be continued)

|

« スメル山・・・ああ試練の蟻地獄登山・・・ | トップページ | モスラ・・・モスラの歌・・・そして心の友 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

MUTOはムトーではなくムートーです。
厳密には、M.U.T.O.(ムートー)=Massive Unidentified Terrestrial Organism(未確認大型陸生生命体)という意味の名前です。

あとムートーは確かにカマキリっぽい見た目ですがカマキリではありませんし、もっというなら昆虫でもありません。
更にカマキリ怪獣は既にカマキラスがいます。

>“神”に等しき存在で人類の救世主的キャラクターであってほしいという願いもあるのかもしれない

それは無いと思います。単純に神の名を込めることで、そこんじょそこらのモンスターとは格が違うということを表したのでしょう。
あと海外では神=正義の象徴という図式は必ずしもそうではありませんよ(神話等では邪神もいたりしますし)。

投稿: Prime | 2014年6月 7日 (土) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/59775378

この記事へのトラックバック一覧です: ゴジラ・・・を想う・・そしてモスラへと・・・続く・・:

« スメル山・・・ああ試練の蟻地獄登山・・・ | トップページ | モスラ・・・モスラの歌・・・そして心の友 »