« ゴジラ・・・を想う・・そしてモスラへと・・・続く・・ | トップページ | ジャカルタ名物の“渋滞”は“必然”である!? »

2014年6月14日 (土)

モスラ・・・モスラの歌・・・そして心の友

で・・・話は「モスラ」へと続くわけなのだが・・・・・

ゴジラは東宝により1954年(昭和29年)に公開され、モスラは1961年7月30日に公開された。
折りしもゴジラ公開の年に第五福竜丸がアメリカ軍の水素爆弾実験により被爆するという痛ましい事件が起きたのである。

「ゴジラ」はビキニ環礁海底に眠る恐竜が、水爆実験の影響で目を覚まし、日本に上陸し、、
そして「モスラ」は水爆実験のため放射能に汚染された南の島の守護神で、小美人を救うために日本に現われた。
どちらも根底にあるテーマは「水爆に対する恐怖」であり、戦争や核兵器の怖ろしさ、愚かさを訴えている。
また、たんなる怪獣映画に終わらせない普遍性を持たせておりストーリーの組み立てや登場人物の設定など実に良く脚本が練られている。
どうも最近のこの手の映画は脚本が薄っぺらい。
CGを駆使したVXF撮影は確かに見ごたえはあるが映画としての“品格”に欠けるのである。
ワタクシのココロの中では「ゴジラ」や「モスラ」は名作として残っているのだが、「GODZILLA」は残らないだろう。

当時はCGなんて小洒落た撮影技術がなかったのでミニチュアによる特殊撮影で怪獣映画などを製作していたわけなのだが、
特撮の魅力をもう一度再認識しようということで2012年に東京都現代美術館にて
館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」なる企画展があった。
これが大変スバラシカッタ・・・オジサンゴコロを魅了する思い出のミニチュアや小道具などなどがこれでもか!と展示されていた。
ああ・・懐かしの「海底軍艦」に「マイティ・ジャック」そして「ウルトラマン」よ・・・・
(これが・・あのジェットビートルか・・・)
(おお!・・オキシジェン・デストロイヤーがある!!)
ちなみに初代ゴジラはこのオキシジェン・デストロイヤーで溶けて死ぬのである。

そして会場には破壊された東京の街の巨大な特撮ジオラマがデデーンと置かれておりここだけ撮影可能。
で、ありました!お馴染みの折れ曲がった東京タワーが!
モスラの幼虫はここに繭を作ったのだなぁ・・・と遠き過去の記憶を懐かしく思い出す。

Dsc_0331

Dsc_0332a

Aaa

この企画展の目玉は「巨神兵東京に現る」という特撮短編映画だろう。
あの「風の谷のナウシカ」の巨神兵が東京に現れ、街を壊滅し火の海へと変えてしまう、
という内容の9分間の特殊撮影による映画なのである。
メイキングも同時に上映されるのだが・・いやいや皆さん楽しそうに作ってらっしゃる。
おそらくこの短編映画が最後の特撮による映画になってしまうのだろう、と思うと感慨深いものがある。
それにても日本独自の特殊撮影を確立した円谷英二さん、貴方の天才的な創造力には改めて感服いたします。

で、話はモスラへと戻るのだが・・・

「モスラ」は英語ではMothra。蛾を意味する英語のMothと母を意味する英語のMotherを掛け合わせたもので、
本来の「蛾の怪獣」という意味の他に、「母性を象徴する怪獣」としてこの名称が付けられたという。
確かにモスラは出演する映画において必ず何かしらの守護神的存在として位置付けられており、
明確に悪役として描かれたという印象はなく、
映画の中ではで小美人を救うため破壊活動をするが、人間に対する敵意や憎しみは描かれていない。

実に愛すべきキャクターではないか!
この愛すべきキャクターと「テレパシー」で以心伝心しあうのがザ・ピーナッツ演じる小美人という双子の妖精である。
で、この以心伝心しあう時に歌うのが下記の“呪文”である。

「モスラヤ モスラ
ドゥンガン カサクヤン
インドゥムゥ
ルスト ウィラードア
ハンバ ハンバムヤン
ランダ バンウンラダン
トゥンジュカンラー
カサクヤーンム」

この“呪文”といいうか“歌詞”が実はインドネシア語である、と知ったのは最近のことである。

インドネシア語ではこうなる

Mothra Ya Mothra
Dengan Kesaktian Hidupmu
Restu[i]lah Doa Hamba-Hambamu Yang Rendah
Bangu[n]lah Dan Tunju[k]kanlah Kesaktianmu

日本語訳だと、

モスラよ モスラ
あなたの命の魔力で
身分卑しき、あなたの下僕は呪文を唱えて祈ります
どうか起ちあがって あなたの魔力を見せてください

ちなみにワタクシの拙いインドネシア語力ではこの歌詞は理解不能である。
で、この呪文というか歌詞は田中友幸,本田猪四郎,関沢新一の三氏が日本語で書き,
インドネシアからの留学生によってインドネシア語に翻訳されたという。

がしかし、ごく最近この「モスラの歌」インドネシア語説は違うのでは?という記事を読んだ。
日本語の歌詞を英語、そしてエスペラント語に翻訳しそれを録音して逆回しで再生したものだという。
インドネシア語なのか?エスペラント語の逆回しなのか?
そういえばこの時代は逆回しというか逆再生は密かに流行ったことがあるなぁ・・・
特に「ビートルズ 逆再生」で検索するとイロイロと出てくる・・・
謎が謎を呼ぶ「モスラの歌」問題である。

Img_0_2

インドネシアではこの「モスラの歌」の認知度は低い、というかほとんどのインドネシア人は知らないだろう。
インドネシアで認知?されている日本の歌手、そして歌は五輪 真弓の「心の友」なのである。
この曲はアルバム「潮騒」に収録されているのだが、シングルカットはされていないので日本での認知度は低い。
何故?この歌がインドネシアで有名なのか?
インドネシアのラジオ関係者が日本で五輪のコンサートへ行き、その際買ったアルバムの中にこの曲が入っており、
インドネシアのラジオで流したことがきっかけで人気になったらしい。

この話はうっすらと知ってはいるが、ワタクシの周辺ではあまり話題になっていなかった。
で、ローカルスタッフに聞いてみたところ一部の中学や高校の卒業式で歌われたり、教科書にも載っていたという。
結果として全員が、聞いたことがあり知っていると言う。
そして今ではインドネシアの「第二の国歌」と言われるように多くのインドネシア人に親しまれている歌でなのである。

ワタクシの個人的な願い?はJKT48に「モスラの歌」を歌って欲しいと思うのだが・・・
チョット趣味が悪いか・・・オソマツ・・・

|

« ゴジラ・・・を想う・・そしてモスラへと・・・続く・・ | トップページ | ジャカルタ名物の“渋滞”は“必然”である!? »

インドネシア」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/59809620

この記事へのトラックバック一覧です: モスラ・・・モスラの歌・・・そして心の友:

« ゴジラ・・・を想う・・そしてモスラへと・・・続く・・ | トップページ | ジャカルタ名物の“渋滞”は“必然”である!? »