« 2013年11月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年1月

2014年1月11日 (土)

NIAGARA FOREVER・・・

Niagara_moon_2 

年の瀬も押し詰まった年末に一つの悲報が飛び込んできた。
「12月30日 大滝詠一氏 永眠 享年65歳」

ワタクシ、あまりのショックで年末年始は寝込んでおりました。
まぁ、多少風邪気味だったのだが、大晦日と元旦は家から一歩も出ず
床に伏せており、口にしたのはわずかな蕎麦と餅だけである。

思えばワタクシの十代後半から二十代前半にかけて
オンガクはシュミシュミミュージックの“大滝詠一氏”、
ブンガクはデカダンスの“坂口安吾氏”の影響・思想を多分に受け、
ワタクシの精神的根幹を築いたといっても過言ではない。

ワタクシの洋楽「温故知新」とくにアメリカンポップスは大滝詠一氏から始まった。
フィル・スペクター、ウォール・オブ・サンド、ロネッツ、そしてビー・マイ・ベイビー、
バディ・ホリーにニューオリンズR&Bなどなど。
また、ルンバ、メレンゲ、ビギン、そしてドドンパに日本の土着舞踊音楽である音頭まで
プリミティブなダンスミュージックには血沸き肉踊る音楽の原点があった。

エルビス、ビートルズそしてバディ・ホリーから美空ひばり、クレイジーキャッツにいたる
大衆芸能音楽をこよなく愛し、昇華させ、ワタクシに享受してくれた大滝詠一氏。

三ツ矢サイダーのCM好きでした。
あの頃の風吹ジュン 秋吉久美子カワイカッタ・・・
ワタシもジンときました。

LONG VACATIONを楽しんでください。
NIAGARA FOREVER・・・

合掌

| | コメント (0) | トラックバック (28)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年3月 »