« 第5回ジョグジャカルタ世界遺産ウォーク-1 | トップページ | NIAGARA FOREVER・・・ »

2013年11月24日 (日)

第5回ジョグジャカルタ世界遺産ウォーク-2

24日はイモギリ・ビレッジ周辺と渓谷を巡るコースである。
当初は20kmコースを希望していたのだが、前日の後遺症のため10kmにグレードダウンして大会に臨む。
しかし、いざ大会が始まると筋肉痛も気のせいか消え、20kmも歩けるのでは?というまったく不確実な希望が芽生え始め、
先頭集団が20kmへとスタートすると不覚にもノコノコとその後をついて行ってしまったのである。
まぁ、何とかなるという甘い気持ちでいたのだが結果からすると確かに甘かった。

Ccc

Eee

しかし、前半10kmのイモギリの村々を巡り歩くコースは良かった。木々が生い茂る村の路地は適度な日陰があり、
折れ曲がる路地は変化があり、なによりも家々の前で待っていてくれる人々の笑顔と声援が励みになった。
「スラマットソレ」「ハロー」互いに挨拶を交わす。そしてハイタッチをしてくる子供達。

2日間の全行程の中でこの10kmが一番記憶に残るコースで、そして参加して本当に良かったと実感する。
何よりもインドネシアの人々の素朴さ純粋さに触れ合うことが出来る。
残念ながら5km、10kmのコース参加者の方々はこれを体感することは出来ない。
是非来年は足腰を鍛えてこのコースを歩くことをお勧めします。

と、いうワタクシですがこの村巡りコースから渓谷沿いの単調なコースに変わったところで次第に気分が折れ始め、
12kmのチェックポイントでワケが分からんことを口走ったのである。
ワシ「このコースは10kmのコースか?」
青年「そうですが残り8kmあります」(20kmと10kmコースは途中で合流するので)
ワシ「ナニ!あと8kmもあるのか?ワタシは10kmのコースのつもりだった」(この嘘つきオヤジ!)
青年「あなたはもう12km歩いています」
ワシ「そうかコースを間違えたのか、では戻るとしよう」(この場でこのようなことを言う自分が信じられない!)
青年「戻れません、では私がバイクでゴールまで送ってあげます」
ワシ「そうか、ではお願いしよう」

というワケで青年の運転するバイクに跨り先行する20kmの参加者を次々に追い抜き最初にゴールに着いてしまったのである。
まぁ、途中のチェックポイントすっぽかしてしまったが、渓谷の景色も楽しめたし個人的には良かったと思っている。
その後ホテルに戻りシャワーを浴びチェックアウトし、休日で学生達でごったがえすボロブドゥール遺跡を見学し夜のフライトで
ジャカルタへと戻る。

Fff

それにして名前も知らない青年よ、送ってくれてありがとう。
来年は20kmを完歩することを約束します。

|

« 第5回ジョグジャカルタ世界遺産ウォーク-1 | トップページ | NIAGARA FOREVER・・・ »

インドネシア」カテゴリの記事

ハイキング&トレッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/58650752

この記事へのトラックバック一覧です: 第5回ジョグジャカルタ世界遺産ウォーク-2:

« 第5回ジョグジャカルタ世界遺産ウォーク-1 | トップページ | NIAGARA FOREVER・・・ »