« カルロス・サンタナを想う | トップページ | 悠久の時が刻む幽遠の森「白谷雲水峡」 »

2013年3月31日 (日)

坂本龍馬はいなかった

Sakamoto

長年のワタクシの疑問に答えてくれた本である。

坂本龍馬(竜馬ではない)を知らない日本人はいないだろう。
幕末に活躍したこの国民的英雄なのだが、知れば知るほど不自然な事や疑問が生まれて来るのである。
詳細は割愛するが、坂本龍馬を有名にしたお方が司馬遼太郎氏で「竜馬がゆく」で竜馬がブレークした。
竜馬とは司馬遼太郎氏が創り上げた人物である。で、龍馬ではなく竜馬なのである。
これはご本人も認めていることである、

そして「竜馬がゆく」の元になっている小説が「汗血千里駒」でこの作者である坂崎紫瀾が実に胡散臭い人物なのである。
まぁ、それはさておき謎の多い坂本龍馬なので後に二重スパイ説やらフリーメーソン説などもささやかられるようになった。

なにはともあれ「坂本龍馬」が存在することにより得をした人物がいたことは想像できる。
幕末から明治維新は謎が多い。そして明治天皇も謎が多い
“何の為の”明治維新だったのか改めて考えさせられる「本」である。

|

« カルロス・サンタナを想う | トップページ | 悠久の時が刻む幽遠の森「白谷雲水峡」 »

Books」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/57072358

この記事へのトラックバック一覧です: 坂本龍馬はいなかった:

« カルロス・サンタナを想う | トップページ | 悠久の時が刻む幽遠の森「白谷雲水峡」 »