« 土曜日の記録 | トップページ | フェルメール 光の王国展 »

2012年2月 8日 (水)

「テデスキ・トラックス・バンド」

Dsc_0161


エリック・クラプトンのコンサートツアーに同行し、オジサンの度肝を抜いた「デレク・トラックス」だが、「テデスキ・トラックス・バンド」として単独初来日するということでいそいそと渋谷まで出かける。
しかし、“若者たち”の傍若無人の感性が爆発?する渋谷はやはり疲れる。
極力目を合わせないように道の隅を歩くのだが、そのド派手な「お姿」にオジサンの既成概念は音をたてて崩れゆく。

で、「テデスキ・トラックス・バンド」である。
やはり生の音は良い。
そして、エフェクターを通さないストレートなギターサウンドがこれほど気持ちが良いものなのか?
ギターの旋律がフレットを滑り息づく、そのうねるようなサウンドにスーザンのボーカルが気持ちよく乗ってくる。

ツインドラムのドラミングにベースのフレーズが絡むコンビネーションが心地よい。
まさに“気持良い”グッド・バイブレーションで身体の鼓動が躍る。

音楽の“楽しさ”を体感した今宵のライブである。

|

« 土曜日の記録 | トップページ | フェルメール 光の王国展 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/53946662

この記事へのトラックバック一覧です: 「テデスキ・トラックス・バンド」:

« 土曜日の記録 | トップページ | フェルメール 光の王国展 »