« 特別展「北京故宮博物院200選」 | トップページ | 「元帥東郷平八郎」特別展 »

2012年2月18日 (土)

「天園」そして「十王岩」と「宇佐神宮遙拝所」

本日は朝から快晴そして風も強い。
ということは富士山がよく見えるだろう、ということでいそいそとお出かけ。
定番の稲村ヶ崎からの眺望も良いのだが、久しぶりに“天園”から眺めたくなりいざ鎌倉へ!

実は長いインドでの怠慢生活ですっかり運動不足となり膝が弱り階段の上り下りに膝痛が生じていたのでそのリハビリを兼ねての軽いトレッキングでもある。

Dsc_0205

建長寺の真裏にある「勝上けん展望台」からの富士山の眺望

Dsc_0194

そして「十王岩」からの眺望
京都も奈良もそして鎌倉も基本的な都市計画は風水の「四神相応」に基づいて計画されている。
つまり北に玄武(山)南に朱雀(湖・海)西に青竜(川)そして東に白虎(道)が配置されていることが理想的な都市計画ということになる。
で、鎌倉の場合は朱雀は相模湾、青竜は滑川・逆川となり、白虎は鎌倉街道から西国に向かう東海道となる。
そして鎌倉北側の山並み、とくにこの「十王岩」が玄武だと考えられている。
ほぼ朱雀大路(若宮大路)の延長線上にあるのがわかる。

天園ハイキングコースから下りて明月院へと向かう。

Dsc_0216

Dsc_0224_6

明月院では梅(ろうばい)が見頃であった。

そして鶴岡八幡宮へ、

Dsc_0253

鶴岡八幡宮の本宮の左手にある「宇佐神宮遙拝所」
鶴岡八幡宮の祭神の応神天皇は「八幡神」で、仏教保護の神として「八幡大菩薩」という神号が与えられている。
そして全国の神社のおよそ三分の一、実に3万社が八幡神社で、その大元締めが総本社が大分県・宇佐市にある宇佐八幡神宮である。
その全国にある八幡宮の総本宮である宇佐神宮をここからお参りすることができるのある。

そして鶴岡八幡宮では毎年3月18日には宇佐神宮遥拝式が行われている。

最近の鎌倉は世界遺産登録で話題になっているせいか小町通りは大勢の人出で賑わっていた。

|

« 特別展「北京故宮博物院200選」 | トップページ | 「元帥東郷平八郎」特別展 »

ハイキング&トレッキング」カテゴリの記事

歴史・考古学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/54043479

この記事へのトラックバック一覧です: 「天園」そして「十王岩」と「宇佐神宮遙拝所」:

« 特別展「北京故宮博物院200選」 | トップページ | 「元帥東郷平八郎」特別展 »