« インドにはまな板がない!!そして「箸とまな板の関係」 | トップページ | カメラの記憶 「湘南荒海落日」 »

2011年12月11日 (日)

カメラの記憶  ドバイ  光と影

更新が滞っております。
まぁ、インドネタはあることはあるのだが諸事情により滞っている次第。
最近では月一更新の月刊状態・・・・タンザニアのイカンガーである.
日刊とまではいかなくてもせめて週刊にはしたい。
で、ネタが完全に揃うまでは蔵出し?で時間稼ぎ?しませう。

去年までいたドバイ。

P1150921_3

P1150926

P1170298

Dsc_0132

これらは歴史的建築物が保存されているバスタキヤ地区
人影が少なく、照りつける太陽の日差しが肌を焼く。
しかし、日陰に入ると風が心地よく感じる。

路地から路地へと歩く。
切なくなるほど時間がゆっくりと流れる。
影の中では時間がゆっくりと流れるのか?
つかの間過去にタイムスリップしたかのような錯覚。
そして、再び光の中に足を踏み入れると現在に引き戻されてしまう。

実に不思議な空間である。

Dsc_0105
宿舎のプール
一度も泳がなかった。

Dsc_0765

フェスティバル・シティよりブルジュ・ハリファを望む。

P1150940

ワフィ・モールの中庭

P1160476

オールド・スークからクリークを望む

ドバイは場所により光の陰影がまったく違うと感じる
不思議な場所である。

|

« インドにはまな板がない!!そして「箸とまな板の関係」 | トップページ | カメラの記憶 「湘南荒海落日」 »

カメラの記憶」カテゴリの記事

ドバイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/53457089

この記事へのトラックバック一覧です: カメラの記憶  ドバイ  光と影:

« インドにはまな板がない!!そして「箸とまな板の関係」 | トップページ | カメラの記憶 「湘南荒海落日」 »