« インド・クリケット私観 | トップページ | 巨人の星」がインドでリメイク!! »

2011年12月30日 (金)

千歳飴、クリスマスケーキ、そしてバレンタインのチョコレート

141_2 

個人的には何のイベントもなく、あっさりとクリスマスを通りすごしたインドの今日この頃。
明後日は正月である。

ヒンズー教徒にはクリスマスは関係ないと思い込んでいたが、街中にはチラホラとサンタの帽子をかぶった若いカップルを見かけた。
まぁ、宗教の垣根を越えた世界的な大イベントなのだろう。
ちなみにインドではクリスマスは休日でもあるが、今年は生憎の日曜日。
残念ながらインドには振替休日なる国民の味方になるような法律はない。

欧米人が多く集まるようなホテルではそれなりのイベントがあった(らしい)。
で、大型ショッピングモールではクリスマスモードのイルミネーションが飾られインド人達の購買意欲を煽り立てる。
元々が祭り好きなインド人達。クリスマスのイケイケモードに便乗しそれなりにクリスマスを楽しむ。

祭り好きといえば我々日本人も祭り好きである。
何故日本人が祭り好きなのか?
古来より日本は農耕民族によって構成されていた村社会で、個よりは集団(村社会)による生活基盤によって営われてきた。
しかし、狭い社会での集団生活は、人間関係の軋轢などで次第に鬱憤が溜まっていく。
溜まりっぱなしでは精神衛生上よろしくない。
で、これを定期的に”ガス抜き”する必要があった。これが「祭り」であったとワタクシは推測する。

我々日本人はこれを「ハレ」と「ケ」によって明確に区別してきた。
ハレ(晴れ)は儀礼や祭、年中行事などの「非日常」、ケ(褻)はふだんの生活である「日常」を表している。
ちなみに「ハレとケ」とは、柳田國男によって提唱された日本人の伝統的な世界観のひとつである。

この「ハレ」の時に我々日本人は日常を(我を)忘れて飲み食い踊るのである。
で、この時には 「無礼講」という形で村社会の秩序からの逸脱を許されるのである。
実に大らかな精神ではないか。

また、村社会での掟や秩序を破った者に対して課される制裁に「村八分」(共同絶交)がある。
しかし「八分」なのである。「二分」は残っている。
この二分とは葬式の世話と火事の消火活動である。
どちらも放置すると他の人間に迷惑のかかる可能性があるので致し方なく残しているとは思うのだが・・・
集団社会から完全に絶縁するのではなく、人としての最低限の「御付合い」を残している。
まぁ、これも実に大らかな精神ではないか。

この”大らかな精神”で我々日本人は祭り(イベント)に色々なモノを受け入れてきたのかもしれない。
その一つが「クリスマスのケーキ」である。
世界の国々でクリスマスにケーキを食べる国は日本だけである。
で、このこの「クリスマスのケーキ」だが、ある製菓会社の卓越した経営(宣伝)戦略によって作られたシロモノだとワタクシは推測している。
ちなみに七五三の千歳飴、そしてバレンタインのチョコレートもこの製菓会社によって始められたものではないか?
これはこの製菓会社の歴史を見れば一目瞭然だ。

1952年(昭和27年) クリスマスセール開始。
1953年(昭和28年) 千歳飴発売
1956年(昭和31年) バレンタインセール開始
そして1968年(昭和43年)にはホワイトデーセールも始めている。

この製菓会社とはF○J○Y○である。

この製菓会社の思惑はものの見事に当たり、今では大きな社会現象にまでなっている。
”大らかな精神”でこれらを受け入れてきた日本国人だがうっすらと踊らされていると気付いていたのかもしれない。
踊らされる阿呆と踊らされない阿呆、同じ阿呆なら踊らされなきゃソン、ソンてなノリで楽しけりゃイイジャン!美味しけりゃイイジャン!
という”大らかな精神”で受け入れているのだろう。

この”大らかな精神”で多種多様なモノを受け入れてきた、そして融合させてきている。
日本人はこのように異なるモノ(文化)を受け入れて独自の新しいものを作り出すことが得意である。
そもそも、日本文化そのものがさまざまな文化の混ざり合った混成文化なのである。
とどのつまり、文化融合は日本人のとても得意とするところなのであり、イベント(文化)と商品(産業)を結びつけたこの製菓会社の宣伝戦略は実に見事である。
今や「クリスマスケーキ」は日本の文化なのである!

今の日本を再生、活性化するキーワードはこのような「文化(産業)融合」なのではないだろうか?
そして、これを促進させ、”大らかな精神”で新しい「文化(産業)」を創生していくことが今の日本に必要なことなのかもしれない・・・・
とつらつらと思う今日この頃なのである。

|

« インド・クリケット私観 | トップページ | 巨人の星」がインドでリメイク!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/53607086

この記事へのトラックバック一覧です: 千歳飴、クリスマスケーキ、そしてバレンタインのチョコレート:

« インド・クリケット私観 | トップページ | 巨人の星」がインドでリメイク!! »