« ゴア   | トップページ | カメラの記憶-NINJA、そしてジャデ・ネルソン »

2011年9月25日 (日)

一時帰国

8月の末から約2週間ほど日本に一時帰国。
娯楽に乏しく、食生活が偏りすぎるインドからの帰国ということで、あれやりたい、
これ食べたいという欲求が帰国1週間ほど前からジワジワと頭の片隅を侵食し始めた。
まぁ、これはハッキリ言って妄想状態に近かった。
で、実際に行った場所は横浜の「トリエンナーレ 2011」、国立新美術館の「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」、
江ノ島水族館、日本科学未来館の「メイキング・オブ・東京スカイツリー」、東京フォーラムの「はやぶさ展」などなど。
食べたものは、寿司(2軒)、焼肉、焼き鳥、蕎麦(2軒)、鰻、牛丼にラーメン(3軒)、
で毎夜居酒屋に入り浸り、焼酎、日本酒、ホッピーなどをを呷っていた次第。
Dsc_0267 

日本科学未来館のジオ・アース

Dsc_0313

鎌倉は報国寺の竹林

しかし、鎌倉の「和さび」で食べた寿司は衝撃的な美味さでワタクシが持っていた寿司に対する概念を根本から覆してしまった。
流れるように出される寿司が口の中で変幻自在な味覚に変化していく。
そしてその寿司が酒の肴として見事に完成されているのである。
古民家を改装した空間、未体験の味覚が酒の中で溶けていく。
そして窓から差す光の中で時間がゆっくりと流れていく。
今まで生きてきた人生に思わず感謝。
至福の時とはまさにこのようなひと時のことなのだろう。

また、サンマの刺身とぬる燗、そして焼き鳥にホッピーという絶妙な組合せにも酔いしれた。
日本は誠に素晴らしき国なり。

短い帰国期間中だが、書籍の電子化は帰国時の大きな目的の一つであった。
重たい専門書や小説などが1冊100~300円でPDF化してくれるのである。
アマゾンで注文して郵送してもPDF化し、それをダウンロードして利用できる。
これは海外生活者にとっては非常に便利なサービスである。

また、たまっていたDVDやCDのバックアップもヒマを見つけては粛々と行っていた。
これで豊かな視聴覚生活?が送れるのである。

そして今回の一時帰国の一番の目的は日本食材の調達である。
スーツケース容量の約90%がラーメンや蕎麦などの食材で埋まってしまった。
これで豊かな食生活?が送れるのである。

忘れてはならないのが歯の定期点検ならぬ定期治療、
これであと半年はOKか? そしてまたインドでの日常が始まったのである。

PS: 一時帰国中、台風12号が中国・四国地方を直撃し、
紀伊半島は記録的豪雨に見舞われ、死者・行方不明者は100人を超え、
台風災害としては平成最悪となってしまった。          

   
 --合掌--

|

« ゴア   | トップページ | カメラの記憶-NINJA、そしてジャデ・ネルソン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/52829798

この記事へのトラックバック一覧です: 一時帰国:

« ゴア   | トップページ | カメラの記憶-NINJA、そしてジャデ・ネルソン »