« マディナ・ジュメイラ点景 | トップページ | 天空とイスラム教、そして「預言者昇天祭」 »

2010年7月 7日 (水)

星に願い」を・・・

   Milkyw_2

今日は7月7日、七夕である。

本来は中国の節句(節供)の一つであり、太陰太陽暦の7月7日 (旧暦)の夜のことで、
日本、台湾、ベトナム、韓国の節供でもある。そして織姫星、夏彦星をめぐる天の川伝説を思い出し、天空に想いを馳せる時でもある

天空といえば「はやぶさ」の帰還は最近の明るいニュースである。
イトカワの微粒があるかもしれない?という期待もある。
そして「はやぶさ」のカプセルが公開されるという。

この「はやぶさ」はJAXA(宇宙航空研究開発機構)が小惑星探査を目的に開発し、打ち上げた探査機である。
で、目的の小惑星とは地球の軌道と似た軌道を持ち、日本のロケット開発の父である故糸川英夫博士にちなんで「ITOKAWA」(イトカワ)と名付けられた小惑星なのである。

で、この糸川英夫博士は戦時中、中島飛行機で帝国陸軍の飛行機設計に携わり、その一つが「隼」である。
そしてその「隼」は獲物を素早く見つけ捕獲して戻ってくるという特技?を持っている。
小惑星探査は何故「はやぶさ」と命名されたか?実に的を得たネーミングだと思う。

   Tp100707_02j_a

で、この「はやぶさ」を開発したJAXAの今日(7月7日)のHPを覗くと、「地球がみえる」というコーナーがあり、「ペリーが来航した町、浦賀・久里浜と横須賀」という衛星画像を使った記事があった。
横須賀はワタクシの故郷である。
そして久里浜は高校時代に通った街でもあり、ペリーが上陸したところでもある。

現在、「龍馬伝」が放映されているが、龍馬は実際に黒船を見たのか?
TVでは黒船を目の前にして驚いているが、司馬遼太郎の「竜馬がゆく」では高台から見下ろし驚いている
ちなみにこの高台とは小原台で現在は防衛大学校の敷地となっている。
思えばこの防衛大学校の建設にワタクシは従事していたことがある・・・・今から30年以上前のことである。

で、話はJAXAへと戻るのだが、この衛星画像は地球観測センターで受信されたものでる。
この地球観測センターは埼玉県は陸の孤島と呼ばれた鳩山村の山の中にある。
これが実に交通の便が悪いところで最寄のバス停から30分ぐらい歩いたところにある。
夜になると狸などの野生動物が出没?する本当に山の中にある。
何故知っているか?
この地球観測センターの建設にもワタクシは従事していたことがある・・・・今から28年ぐらい前のことである。
記憶がアイマイだ・・・・
当時はアメリカが打ち上げたランドサットの衛星画像を受信していた。
管轄は特殊法人宇宙開発事業団(NASDA)かな・・・・
記念に三浦半島の衛星写真を買ったことがある。

陸の孤島と呼ばれた「鳩山村」だが、政治家である鳩山家とは関係はない。
比企郡亀井村と今宿村が合併する時に両村の中央にあった地名「鳩山」をとって「鳩山
村」と名づけられたという。
鳩山家とは関係はないが、両村が合併した1955年に当時首相だった同じ名前の鳩山一郎に書を依頼し、鳩山家の家訓である「友愛」の書を書いてもらったのである。
これは額縁に入れられ現在も役場内に掲げられており当時見に行った記憶がある。
で、前首相である鳩山由紀夫さんは2009年に選挙活動の合間を縫って鳩山町役場を訪問し、祖父が書いた「友愛」の書と対面しているという。

首相の座は鳩山さんから菅さんへと移り、今は参院選の真っ只中である。
七夕の今日は各候補とも「星に願い」をかけていることだろう・・と思う今日この頃で
ある。

|

« マディナ・ジュメイラ点景 | トップページ | 天空とイスラム教、そして「預言者昇天祭」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/48823775

この記事へのトラックバック一覧です: 星に願い」を・・・:

« マディナ・ジュメイラ点景 | トップページ | 天空とイスラム教、そして「預言者昇天祭」 »