« QE2はどこへ行く・・・ | トップページ | ドバイ・ワールドカップ諸事情 »

2010年6月10日 (木)

時の記念日

今日は6月10日で「時の記念日」である。

この日に日本初の時計が鐘を打ったのが「時の記念日」になった由来。
ちなみに、時は天智天皇10年4月25日であり、太陽暦に換算すると671年の6月10日になるという。
制定は大正9年。
で、この時の時計とは「漏刻」で水時計のことである。

水時計とはなんとも原始的な時計だと思うがまぁ・・日時計よりはましか?
時計といえば上野の科学博物館には通称「万年時計」が展示されている。
ワタクシ、ここを訪れる度にその素晴らしさに見とれている次第。
この「万年時計」だが江戸時代は嘉永3年(1850年)から翌年にかけて製作された機械式和時計で、製作者は東芝の創業者で「からくり儀右衛門」こと田中久重氏である。
この久重氏は「からくり人形」でも有名なお方だが、この「万年時計」はからくりと呼ぶには
チョット憚(はばか)られるシロモノなのである。

   Mannen_tokei

六角柱様の本体の各面に7つの機能が配置され、それらが底部のぜんまい動力によって連動して動作するのだが、一回巻けば約1年間動き続けるという。
そしてその7つの機能とは、
 天球儀
 和時計
 二十四節気の表示
 曜日・時刻の表示
 十干十二支の表示
 月齢の表示 
 洋時計
である。和洋の天文学暦と時計技術が結集されている。実にスバラシイ!

また、伝統工芸品としてのその優雅さと精度もスバラシイ!
まさに機能と美が融合した芸術品でもある。

で、話は戻り、本日6月10日の暦だが、世の中にある暦で表すとこのようになる。

2010年 6月10日の暦

ユリウス日 2455358日 05時26分46秒 UTC
ISO形式 2010年第23週第 4日
グレゴリオ暦 2010年 6月(June)10日 木曜日
ユリウス暦 2010年 5月(Maius)28日
イスラム暦 1431年 6月(Jumada II)27日
ユダヤ暦 5770年 3月(Sivan)28日
マヤ長期暦 12.19.17.7.15 2メン 8ソツ
マヤ短期暦 4アハウのカトゥン 17トゥン 7ウィナル 15キン
フランス革命暦 共和国 218年 9月(Prairial 草月)21日6時 1分92秒
和暦(太陽暦) 平成22年 6月(水無月)10日
(太陰太陽暦) 平成22年 4月(卯月)28日
仏教紀元 2553年 6月10日
ネパール暦 2067年 2月(Jyestha)27日
ネパール太陰暦 2067年 2月(Jyestha) 黒の13日
インド太陰暦 1932年 2月(Nij Vaishakh) 黒の13日 Trayodashi
インド国民暦 1932年 3月(Jyeshta)20日
エチオピア暦 2002年10月(Sene) 3日

暦の世界は奥が深い・・・・

先日、地元のGULF NEWSに今年のラマダンは8月11日から始まると報じられていた。
で、調べてみると
2010年 8月11日の暦は
イスラム暦 1431年 9月(Ramadan) 1日 断食月
とある。確かなようだ。
月は満月から下弦の月となり、イスラム世界ではもっとも神聖な月を迎えるのである。

   Image001270bc

そういえば「2012」という映画は人類滅亡をテーマにしており、
人類滅亡の根拠にマヤ長期暦をあげている。
つまり、マヤ長期暦では2012年12月21日頃に一つの区切りを迎えることから
人類が滅亡すると信じられているのである。

ちなみに2012年12月21日は、、
マヤ長期暦 13.0.0.0.0 4アハウ 3カンキン
となっている。
チョット、ワケわかめだが、確かに暦が終わりそう(終わっていそう)なカンジである。
ホンマカイナ!とツッコミを入れるそこのアナタ!これもロマンなのです。ロマン!

時の記念日ということで時計から暦へと話は飛んだが、
明日からいよいよFIFA ワールドカップが始まる!
ここドバイではホテルやバー、パブでワールドカップ特別サービスが始まる。
大型スクリーンを設置するホテルや、
得点が1点入るごとに10%割引サービスを行うパブもある。

日本代表の試合をどこのホテル、パブで観戦するか?思案している
今日この頃なのである。

|

« QE2はどこへ行く・・・ | トップページ | ドバイ・ワールドカップ諸事情 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/48599232

この記事へのトラックバック一覧です: 時の記念日:

« QE2はどこへ行く・・・ | トップページ | ドバイ・ワールドカップ諸事情 »