« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月27日 (日)

オランダvs日本

        Image_wc02

ワールドカップの熱戦の真っ最中である。

ワタクシ、40年以上のキャリヤを誇るサッカーファンである。
そしてワールドカップに関しては36年来のオランダ・サッカーフリークでもある。
日本代表を応援はしていたが、1970年代、当時の日本サッカーの実力ではワールドカップは夢のまた夢・・・
横浜の三ツ沢競技場で行われた日本リーグ・ヤンマー三菱戦の試合の観客数が400名とかいった時代である。
サッカーの人気は低迷していた。
そして月日は流れ、ドーハの悲劇、野人岡野のシュート、フランス大会、日韓大会、ドイツ大会と日本代表の記憶の連鎖が始まる。
この間も日本代表を応援しつつもオランダ代表を応援していたのである。

思えば1974年の第10回FIFAワールドカップ西ドイツ大会は今でも夢のような出来事だった。
そしてこの大会でサッカーの常識が覆させられる革命がおきたのである。
オランダのトータル・フットボールである。(ローティーション・サッカーともいわれた)
まぁ、これはあまりにも斬新・革新的なため適切な語彙が思いつかずサッカー記者達が作った造語だと思うのだが・・
そしてこのトータル・フットボールの中心がヨハン・クライフである。

   Photo
彼を中心に流動的にポジションをチェンジしつつ、前線から強烈なプレッシングをかけ(時には3人でボールを奪いにいく)、
そしてボールを奪い、サイド攻撃からゴールを奪う。
分業制だったサッカーのポジションの概念が覆させられたのである。
全員守備・全員攻撃、ポジション・チェンジ、ゾーンプレス、オフサイド・トラップ・・・
現代サッカーでは常識となったこれら戦術は全てこのオランダが原点である。

一次リーグを圧倒的な強さで突破したオランダは、二次リーグでもアルゼンチンを4-0、ブラジルを2-0で撃破、特にブラジルの息の根を止めたクライフの2点目のジャンピング・ボレーは歴代の名ゴールとして余りにも有名である。
このジャンピング・ボレーとフライニング・ダッチマン(空飛ぶオランダ人)も固有名詞として完全に定着してしまった。

   1174

しかし、決勝戦でオランダと対決した西ドイツはこの完全無敵のトータル・フットボールを封じ込めてしまったのである。
話は簡単で、スッポン・マークで知られたフォクツにクライフを完全にマークさせたのである。
このマークは徹底しており、クライフがピッチの外に出てスパイクのヒモを直している時も片時も離れずマークしていたくらいで、これはあまりにもやりすぎではないか?とサッカー雑誌に批判の投書があったが、サッカーを捨てて?勝負にこだわった地元西ドイツの苦肉の策なのである。
そしてオランダは1-2と破れ準優勝、1978年のアルゼンチン大会もアルゼンチンに破れ準優勝。
この2度の準優勝がオランダのワールドカップでの最高成績である。

その後のワールドカップではあまりいいところがなく、今回のオランダチームに十分に期待しているのである。
で、そのオランダ代表と日本代表が今回のワールドカップの大舞台で試合をするという!!
これはオランダサッカーの洗礼を受けたワシらの世代にとっては実に感慨深いものがある次第。

まぁ、結果は0-1の惨敗だったが、収穫はあったのでは?
その結果がデンマーク戦での3-1というスコアに表れている気がする。

そして日本代表は決勝トーナメントでパラグアイと対決する。
パラグアイといえば最も有名なのがホセ・ルイス・チラベルト(GK)でしょう。
今はいないか・・・
で、日本代表には是非この試合に勝って出来れば決勝でもう一度オランダと対決してほしい!

1970年代当時は日本がワールドカップに出るのがワタクシの夢だったが、
今は決勝でオランダと対決するのがワタクシの夢である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月25日 (金)

「アル・ブスタン・ロタナ・ホテル」

      P1000014

       アル・ブスタン・ロタナ・ホテルのエントランスロビー

昨日の夜は「アル・ブスタン・ロタナ・ホテル」でささやかなパーティーが催された。
隣にある「ル・メリディアン・ホテル」は度々訪れているが、このホテルは今回が初めてである。

で、この「アル・ブスタン・ロタナ・ホテル」だが今年の1月にこのホテルである衝撃的な出来事があり、このニュースは全世界を駆け巡り、今でも地元新聞は関連する記事を報道しているのである。

その衝撃的な出来事とは・・・
1月20日、このホテルでハマスの幹部であるマハムード・マブフーハ司令官の絞殺死体が発見されたのである。

その後の捜査でイスラエルの対外情報機関モサドの関与が浮上、国際問題に発展している。

殺されたハマスの幹部は武器調達役で、イランの武器商人と会うためにドバイのホテルに泊まったと言われているのだが、その商談はモサドが設定したもので、ターゲットをおびき出す罠だったようだ。

この犯行は11人からなる暗殺グループによるもので、監視カメラにもその行動が確認されている。で、この暗殺グループが偽造パスポートを使用、イギリスの旅券を持っていたのが6人もいたのでイギリス政府はイスラエルに対して説明を求めたがナシのつぶて
イスラエルと欧州の外交問題にも発展している

UAE外相は「世界的脅威」と声明し、ドバイ警察にいたっては「モサド長官を逮捕せよ!」と息巻いている。

そして先日にはイスラエルがガザ支援船を強襲している。

なにやらきな臭い中東情勢をココロの中で案じつつもメキシコ料理を堪能する。

その後、「日本VSデンマーク」の試合を観戦するためドバイの街中に消えてゆくのである。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年6月23日 (水)

80度!!!!

      4013502631

今日は暑かった。
体感気温は軽く40度を超えていた。

で、地元のGULF NEWSには「中東に熱波が到来する」という記事が掲載されていた。
砂漠地帯では80度に達する可能性があるという!!!!

産油国クウェートでは、電力消費に供給が追いつかずに時限停電に追い込まれ、
イラクでは停電の責任により電力相が辞意表明した。

今年の夏は高温が予想されている。そして8月には「ラマダン」がある。
熱中症が心配される今日この頃である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

ドバイ・モール

先日は久々にドバイ・モールへ赴く。(4ヶ月ぶりか??)
というよりは外気温が高すぎて(体感温度は40度以上!!)外を歩く気がせず、
"涼"を求めて訪れた次第。

      Mall

まずは映画「The Karate Kid」を観る。
これは1984年に製作「The Karate Kid」(邦題「ベスト・キッド」)のリメイク版。
ちなみに前作に出演した空手の達人役であるミヤギを演じたパット・モリタ氏とは
以前アメリカでお会いしたことがある。

この「The Karate Kid」だが舞台は中国は北京なのである。
エッ!!!????中国で空手!!!???カンフーじゃないの!!!!???
で、劇中でも空手ではなくカンフーと呼んでいるではないか!!!
カラテ・キッドではなくてカンフー・キッドではないか!!!
ココロの中で軽くツッコミを入れつつご鑑賞。

ストーリーも展開も分かっている、分かっちゃいるけどヤメレナイ、カッパエビセン!
こういうシンプルさが好きである。
で、分かっちゃいるけどヤメレナイ、カッパエビセン!のモノに
年末に放映される忠臣蔵がある。
この手の分かっちゃいるけどヤメレナイ、カッパエビセン!は万国共通なのかもしれない。

      Photo_5

      _a_3

ドバイモールにはいくつかの見どころポイントがある。
まずはエントランス正面億にデデーンと鎮座している水族館の大型水槽である。
この水族館の水漏れ事故は記憶に新しい

   Photo

   _a

これは滝である。

   Photo_2

   _a_2

で、これが“光る床”。
変幻自在に変化んする様は観ていて飽きない。

   Photo_3

そしてアイス・スケートリンク
ここではワールドカップ中継が放映されていた。

   _b

一番の見どころはやはり「The Dubai Fountain」である。
昼間でもショーはあるが夜の演出されたショーは一見の価値ありです。

   Photo_4

6時から30分毎に行われる噴水ショーは毎回テーマが違いそれぞれが楽しめる。

これから夏本番を迎える。
モールには確かに"涼"があるがこれらはすべてエアコンのお蔭。
この巨大な空間を冷やすにはどれだけの電力が使われているか?
考えると砂漠の都市を維持するには「水」と「電力」をいかに供給するか?
が大事だとわかる。

砂漠の国はこれらを解決するために開発に力を入れているのである。
この話は続く・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月19日 (土)

ドバイ・ワールドカップ諸事情

日本vsカメルーンは岡ちゃんの采配?が見事に的中し??1-0で日本の勝利!!!
ワタクシ達は行き付けのPUBで観戦。日本の勝利にビールがウマイ!!!
で、開幕戦の南アフリカvsメキシコは宿舎のTVでビールを飲みつつ観戦した。
が、しかし前半戦の途中から放映が中断してしまった!

   Sabotage
そして、翌日の新聞には「放送が妨害された!」という記事が掲載されていた。
イヤイヤ、衛星の中継技術上の問題ではないか?とワタクシは思っているのだが、
まぁ、、放映妨害も考えられないことではない。

で、翌日のアルゼンチンvsアルジェリアの試合も放映が中断したという
スポーツ・パブの陰謀説?などもないわけでもないが、
事が大事すぎるのでこれは有り得ない。

ここドバイではどこでワールド・カップを観戦するのか?
普通はホテルに併設されているバーやパブで観戦するのがビールを飲みつつ
観戦出来るので良い。
ほろ酔いも手伝い実に盛り上がる!!

そして酒は提供できないが大きなスクリーンで観戦したい御仁達には
映画館に行ってもよい。
また、ドバイ・モールではスケートをしながら観戦!できる。

   Photo

昨日のドイツvsセルビアはここドバイモールでコーヒーを飲みつつ観戦した。

さぁ!!今日の日本vsオランダはどこで観戦するか?
やはり行き付けのパブが一番落ち着いていいのかもしれない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

時の記念日

今日は6月10日で「時の記念日」である。

この日に日本初の時計が鐘を打ったのが「時の記念日」になった由来。
ちなみに、時は天智天皇10年4月25日であり、太陽暦に換算すると671年の6月10日になるという。
制定は大正9年。
で、この時の時計とは「漏刻」で水時計のことである。

水時計とはなんとも原始的な時計だと思うがまぁ・・日時計よりはましか?
時計といえば上野の科学博物館には通称「万年時計」が展示されている。
ワタクシ、ここを訪れる度にその素晴らしさに見とれている次第。
この「万年時計」だが江戸時代は嘉永3年(1850年)から翌年にかけて製作された機械式和時計で、製作者は東芝の創業者で「からくり儀右衛門」こと田中久重氏である。
この久重氏は「からくり人形」でも有名なお方だが、この「万年時計」はからくりと呼ぶには
チョット憚(はばか)られるシロモノなのである。

   Mannen_tokei

六角柱様の本体の各面に7つの機能が配置され、それらが底部のぜんまい動力によって連動して動作するのだが、一回巻けば約1年間動き続けるという。
そしてその7つの機能とは、
 天球儀
 和時計
 二十四節気の表示
 曜日・時刻の表示
 十干十二支の表示
 月齢の表示 
 洋時計
である。和洋の天文学暦と時計技術が結集されている。実にスバラシイ!

また、伝統工芸品としてのその優雅さと精度もスバラシイ!
まさに機能と美が融合した芸術品でもある。

で、話は戻り、本日6月10日の暦だが、世の中にある暦で表すとこのようになる。

2010年 6月10日の暦

ユリウス日 2455358日 05時26分46秒 UTC
ISO形式 2010年第23週第 4日
グレゴリオ暦 2010年 6月(June)10日 木曜日
ユリウス暦 2010年 5月(Maius)28日
イスラム暦 1431年 6月(Jumada II)27日
ユダヤ暦 5770年 3月(Sivan)28日
マヤ長期暦 12.19.17.7.15 2メン 8ソツ
マヤ短期暦 4アハウのカトゥン 17トゥン 7ウィナル 15キン
フランス革命暦 共和国 218年 9月(Prairial 草月)21日6時 1分92秒
和暦(太陽暦) 平成22年 6月(水無月)10日
(太陰太陽暦) 平成22年 4月(卯月)28日
仏教紀元 2553年 6月10日
ネパール暦 2067年 2月(Jyestha)27日
ネパール太陰暦 2067年 2月(Jyestha) 黒の13日
インド太陰暦 1932年 2月(Nij Vaishakh) 黒の13日 Trayodashi
インド国民暦 1932年 3月(Jyeshta)20日
エチオピア暦 2002年10月(Sene) 3日

暦の世界は奥が深い・・・・

先日、地元のGULF NEWSに今年のラマダンは8月11日から始まると報じられていた。
で、調べてみると
2010年 8月11日の暦は
イスラム暦 1431年 9月(Ramadan) 1日 断食月
とある。確かなようだ。
月は満月から下弦の月となり、イスラム世界ではもっとも神聖な月を迎えるのである。

   Image001270bc

そういえば「2012」という映画は人類滅亡をテーマにしており、
人類滅亡の根拠にマヤ長期暦をあげている。
つまり、マヤ長期暦では2012年12月21日頃に一つの区切りを迎えることから
人類が滅亡すると信じられているのである。

ちなみに2012年12月21日は、、
マヤ長期暦 13.0.0.0.0 4アハウ 3カンキン
となっている。
チョット、ワケわかめだが、確かに暦が終わりそう(終わっていそう)なカンジである。
ホンマカイナ!とツッコミを入れるそこのアナタ!これもロマンなのです。ロマン!

時の記念日ということで時計から暦へと話は飛んだが、
明日からいよいよFIFA ワールドカップが始まる!
ここドバイではホテルやバー、パブでワールドカップ特別サービスが始まる。
大型スクリーンを設置するホテルや、
得点が1点入るごとに10%割引サービスを行うパブもある。

日本代表の試合をどこのホテル、パブで観戦するか?思案している
今日この頃なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 4日 (金)

QE2はどこへ行く・・・

10日間の日本一時帰国休暇を終わりドバイに戻って来たのが5月の末だが、
イヤイヤ・・・暑い!!日本に帰国する前は30度前後だったのが、わずか10日間で
イッキに10度近くも気温が上がっているではないか!!
で、変わったのは気温だけではない。
ラシード湾に停泊しているQE2に異変があった。
このQE2とはご存知クイーン・エリザベス2世のことで、このQE2の前からクレーンが
移動しているのである。

   Qe2_a

じつはこのQE2は2007年にドバイが英海運会社キュナード・ライン(Cunard Line)から
1億ドル(約123億円)で購入したもので、豪華ホテルとして改装してドバイ沖の人工島
(パーム・ジュメイラ)に停泊させ、豪華ホテルとして使用される予定だった。
今年の初頭ぐらいまではQE2の前にクレーンが鎮座しており、時おり煙突から煙が出ていたり、夜には客室の窓に明かりが灯っていた。

が、次第にこれらも目にしなくなった。そしてそしてついにクレーンが用済みとなった。
どうやらドバイ政府はこのQE2を売却!?しようとしているらしい。
売却先はアフリカの某国?というウワサ・・・がある。
で、売却の噂があるのはQE2だけではなく、アノ!芸術性の高いパフォーマンスで有名な
サーカス集団「シルク・ドゥ・ソレイユ」を含む様々な資産が売却されるという。
ドバイ政府が「シルク・ドゥ・ソレイユ」を保有していたとは・・・シラナカッタ。

ドバイ・ポーツ・ワールドの会長は購入時に、
「ドバイは海に面した国であり、私たちはクイーン・エリザベス2世号の伝統を
尊重しています。新しい我が家でも大切にします」と言っていたが、世界的金融危機に
直面し、ない袖は振れぬで断腸の思いで売却せざるを得なかったのかもしれない。

それにしても伝統ある船がこれからどのような運命を辿るのか?
スクラップの山にだけはなってもらいたくないと思う今日この頃である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »