« アランフェス協奏曲 | トップページ | 葉山と逗子 »

2009年9月 4日 (金)

麺場 浜虎

横浜の西口にあるだが、場所は実に分かりにくく、かつ怪しげな界隈の一角にある。
この実に怪しげな界隈にあるのだが若い女性客が多いのが不思議である。

   A_

で、所望したのが「活力醤そば」である。
活力とは滋養強壮の効果があるモロヘイヤのタタキ?のトッピングを称してのことで、
醤そばの「醤」とはエスニック系魚介醤油(自家製XO醤と称する魚醤入り)の醤を表しているらしい。

新しいタイプのラーメンだと想像できるが、これが食べると何だか懐かしい味がする。
この風味はさりげなく“くじら軒”に味の記憶をフィードバックさせている。
家系が全盛の横浜でこのサッパリ系はありがたい。

で、この店名である「浜虎」は横浜トラディショナル(ハマトラ)を表しているだろうということは容易に想像できる。
今後に期待したい穴場?の店である。

|

« アランフェス協奏曲 | トップページ | 葉山と逗子 »

Foods & Drink」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/46133069

この記事へのトラックバック一覧です: 麺場 浜虎:

« アランフェス協奏曲 | トップページ | 葉山と逗子 »