« 2009年よこすか開国祭 開国花火大会 | トップページ | 御乱心 »

2009年8月 2日 (日)

「海のエジプト展」

ワタクシ、古代エジプト文明が好きである。

小学生の頃には本気で考古学者になりたい!と思ったほどである。
で、その頃買ったツタンカーメンの遺跡発掘の本は宝物でもあった。

月日は流れ、今は生活に追われエジプトは忘却の彼方である。
しかし、いつかはエジプトはルクソールや王家の谷に行ってみたいと思っていたが、
その想いはいまだに叶っていない。

そして、今年、「海底からよみがえる、古代都市アレクサンドリアの至宝」
というサブタイトルで「海のエジプト展」が開催された。
これは見なければイケナイ!ということで本日会場であるパシフィコ横浜に赴く。

http://umieji.jp/
http://www.asahi.com/egypt/works.html

 A_

長い期間に亘り引き揚げられた古代エジプトの遺産の数々が展示されていた。
特に圧巻だたのは“デカンの祠堂”と“ネクタネポ1世のステラ”である。

共にヒエログリフが綺麗に残っており、これが遥かなる時空を隔てて見る者の心に訴えかけてくる何かがある。

そしてエジプトの神「アメン」とローマ神話の「ゼウス」は同一視されている、ということを初めて知った。
これって、日本の仏教と神道における大日如来と天照大神が同一視されているのと同じである。
やはり、信仰心には共通する“神”が引き継がれていくのかもしれないなぁ・・・と
あらためて認識した次第。

ところで“ツタンカーメン”とは厳密にはトゥト・アンク・アメン(アメン神の生きる似姿という意味)と表記、言われている。

      A__b

で、この展覧会に最大の“目玉”はエジプト最後のファラオであるクレオパトラが愛した都アレクサンドリアの沖合から引き上げられた遺物である。
おりしも本日NHKで「クレオパトラ 妹の墓が語る悲劇 」が放映された。

時代に生き、そして翻弄されていった“クレオパトラ”に想いを馳せた今日この頃である。

|

« 2009年よこすか開国祭 開国花火大会 | トップページ | 御乱心 »

歴史・考古学」カテゴリの記事

美術館・博物館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/45819071

この記事へのトラックバック一覧です: 「海のエジプト展」:

« 2009年よこすか開国祭 開国花火大会 | トップページ | 御乱心 »