« 「雲上の楽園」を彩る花達 | トップページ | マンデラの名もなき看守 »

2009年8月31日 (月)

重力ピエロ

     Photo

重力ピエロ (新潮文庫) (文庫)
伊坂 幸太郎 (著)

洒落た文体が嫌味なく、適度に緊張感を持ちつつ我々を伊坂ワールドへと導いてくれる。

それは冒頭の一文からいきなり始まる。
「春が二階から落ちてきた」

この“春”が演じるピエロに我々は翻弄され、グラフィティアートを空想し、遺伝子の不思議そして謎解き?に没頭し、最後は“家族”の想いがピエロと化し優雅に空中に舞い、重力=困難は飛び越えることができるのだよ、と優しく諭してくれる。

「本当に深刻なことは陽気に伝えるべきなんだよ」

ワタクシも“ピエロ”になりたいと切に感じた読後である。

|

« 「雲上の楽園」を彩る花達 | トップページ | マンデラの名もなき看守 »

Books」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/46086406

この記事へのトラックバック一覧です: 重力ピエロ :

« 「雲上の楽園」を彩る花達 | トップページ | マンデラの名もなき看守 »