« 「皿うどん」と「固焼きそば」の違い? | トップページ | 道寸祭り~笠懸 »

2009年5月30日 (土)

砕氷艦2代目「しらせ」一般公開

   A_

砕氷艦2代目「しらせ」が母港・横須賀で初公開されている。

ちょうど一年前には初代「しらせ」の最後の一般公開が行なわれた。

砕氷艦2代目「しらせ」は今年(2009年(平成21年))の5月20日に、ユニバーサル造船舞鶴事業所において、竣工式・艦旗授与式が行なわれ母港となる横須賀港に回航してきたばかりである。
船内に満ちているペンキ(塗装)の匂いが新艦であることを印象付けている。

  A__a A__c

  A__d A__e

初代の「しらせ」は何回も見ているが、見た目の新しさは特に感じられないが、約5か月間の航海で出るゴミ、汚水は船内の装置で処理するなど、南極の環境に配慮した「エコ・シップ」となっている。
基準排水量約1万2650トン、全長138メートル、幅28メートル。観測隊員の定員は、3代目の60人から80人に増えた。建造費は約380億円。

   Aa__a

     護衛艦に挟まれているが手前のオレンジの船体が2代目「しらせ」で奥の船体が初代の「しらせ」

で、初代「しらせ」は老朽化のため昨年退役し、自治体や企業に保存を条件とした船体購入を呼び掛けたが折り合いが付かず、いかりなど一部を残し解体処分が決まっている。しかし、くず鉄相場の下落で解体も思うように進んでいないのが現状である。

そして、先日のニュースで気象情報会社「ウェザーニューズ」(東京)が「気象や環境問題の情報発信や議論の場として活用したい」と、買い取りを文部科学省に提案したという記事を目にした。
可能なら保存してもらいたいと願うオジサンである。

|

« 「皿うどん」と「固焼きそば」の違い? | トップページ | 道寸祭り~笠懸 »

サイエンス」カテゴリの記事

逍遥雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/45183441

この記事へのトラックバック一覧です: 砕氷艦2代目「しらせ」一般公開:

« 「皿うどん」と「固焼きそば」の違い? | トップページ | 道寸祭り~笠懸 »