« 猿島でまったりランチ | トップページ | シッピング・ニュース »

2009年4月20日 (月)

エンプティー・チェア

      Photo

エンプティー・チェア (単行本)
ジェフリー ディーヴァー (著), Jeffery Deaver (原著), 池田 真紀子 (翻訳)

遅ればせながらジェフリー ディーヴァーの「エンプティー・チェア」を読む。
リンカーン・ライムシリーズ 「コフィン・ダンサー」と「石の猿」の間に執筆されている作品である。
読み始めたら、あれよあれよとストーリーは展開していき、物語も中盤で早くも事件解決か?
そしてタイトルの「エンプティー・チェア 」とは一体何?と思いきや、ジェットコースターの如くストーリーは急転直下していく。
些細な?物証でストーリーを組み上げていく手腕はスゴイ!
そして犯罪捜査と心理学の領域に読者を引き込んでいく。

「椅子に座っているのはだれ?」
ちなみにエンプティ・チェアというのは、内的な葛藤などを具体的に表面化させるゲシュタルト・セラピーの代表的な技法である。

|

« 猿島でまったりランチ | トップページ | シッピング・ニュース »

Books」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/44735641

この記事へのトラックバック一覧です: エンプティー・チェア :

« 猿島でまったりランチ | トップページ | シッピング・ニュース »