« アニー・リーボヴィッツ「レンズの向こうの人生」 | トップページ | 「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 »

2009年2月11日 (水)

ヨコスカ・ネービー・バーガー

たかがハンバーガー、されどハンバーガーであり、横須賀のあの店その店ハンバーガーを食べた。

で、ヨコスカ・ネービー・バーガーが発売された、ということは知っていたが、最近ファーストフードに関する映画の影響でハンバーガーというよりは“肉”に対するおぞましいイメージが頭にこびり付き、しばらく敬遠していた。
特に映画「ファーストフードネーション」のラストの映像がトラウマとなっていたのである。

そのような頭の中にこびり付いていたおぞましい映像も次第に薄れてきて久々にウマい肉を食べたくなったので噂の「ヨコスカ・ネービー・バーガー」を賞味する。

   A_tunami_a

   A_tunami

今のところ4店舗で販売されており、鉄人28号?で有名な「TSUNAMI/津波」で頂くことにする。
基本的にココはメキシカンフードの店である。

   A_

イヤ~久々に見る1/2lb(ハーフパウンド)のハンバーガーはデカイ!
これはGWというプレーンバーガーにチーズ、ベーコン、エッグのトッピングを追加したスペシャル版で1300円なり。
ちなみにプレーンバーガーは1000円である。
かぶりつくと肉汁がジュワ~と滲み出る。
一心不乱に食べつくしてしまった。

そういえば、某有名ハンバーガーチェーン店が「ニッポンのハンバーガーよ、もう遊びは終わりだ」というキャッチコピーで「クォーターパウンダー」を宣伝しているが、じゃ、今までは遊びだったのか!とツッコミと入れたくなったのはワタクシだけではないだろう。ちなみに本国アメリカではクォーターパウンド(1/4lb(113グラム))のハンバーガーはお子様も食べていた。

そうそう、以前アメリカにあるファドラッカーズというハンバーガー店(これも一応ハンバーガーチェーン店)に触れたが、この店に入るとガラス張りの向こうに牛が天井から何頭もぶら下がっており、精肉加工の状態から調理の状況までが見渡せる。まさに“ガラス張り”のハンバーガー店であった。ここでは肉の種類、量、焼き方など細かくオーダーできる。
大人が満足できる量と質を提供してくれた。
セット価格は当時でもハーフパウンドで10ドル以上だっと記憶している。

やはり、ワタクシは某有名ハンバーガーチェーンのハンバーガーは食べれない、いや食べたくない。
多少高くても専門店で肉汁が滴り落ちる新鮮なハンバーガーが食べたいと思うのである。

それにしても本日のカロリー摂取量はオジサンにはやはり多すぎるよなぁ・・・・

|

« アニー・リーボヴィッツ「レンズの向こうの人生」 | トップページ | 「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 »

コメント

かなり共感します。
「食事」って、感動や満足度などが大事ですよね。
メジャーなハンバーガーを食べた後は、必ず損した気分になります。別にケチつけたいわけじゃないけど。

投稿: しん坊 | 2009年2月11日 (水) 20時28分

Take4さんのレビューを見てから食べに行こうと思っていたので、待っていました

4店舗とも見た目が全く違うので、何処に行こうか迷います・・・
特にハニービーは価格設定が安いのでどこか違うのかな?・・とか

「気に入ったら、食べ比べてみてね!」という
戦略的な意味からも、敢えて同じにしていないのかも知れませんね。

投稿: アレ | 2009年2月12日 (木) 12時54分

こんばんは、しん坊さん。
ウマいものを食べている時は人間皆幸せそうな顔をしていますね。
ワタクシこの瞬間が好きです。

でも、某ハンバーガーチェーン店では幸せそうな顔はあまり見たことがありません。
何だか食物を摂取している、という印象を受けます。

そして、その原材料を知ってしまうと怖くて食べれません。安かろう悪かろうはイケマセンね。

投稿: take4 | 2009年2月12日 (木) 22時16分

こんばんは、アレさん。
何もワタクシ如きのレビューを待たなくてもいいのではと思います。
所詮は戯言ですからね。

最初はハニービーに行くつもりでしたが、前に何回もここのバーガーは食べていたので初体験の「TSUNAMI」に行った次第です。

初めてでしたらハニービーがいいのでは?
まぁ、それぞれにオリジナリティを出しており、食べ歩いて欲しいという目論見もあるでしょうね。

投稿: take4 | 2009年2月12日 (木) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/44028215

この記事へのトラックバック一覧です: ヨコスカ・ネービー・バーガー:

« アニー・リーボヴィッツ「レンズの向こうの人生」 | トップページ | 「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 »