« 関東ふれあいの道「三浦・岩礁のみち」と「エナビレッジ」のキンメ | トップページ | 横浜美術館 »

2008年12月29日 (月)

横浜美術館  「セザンヌ主義」

   A_

横浜美術館では「セザンヌ主義」と銘打ってセザンヌの芸術性が他の画家達にどのように影響したのか、それらの流派・作家の作品とセザンヌ作品を並べて置き、比較するというコンセプトで展示されているという。

ワタクシ、絵画はフェルメールから学んだ。
マジックのように絵画の中に意識が吸い込まれていく・・・・
フェルメールの織りなす技法でフェルメールワールドに誘われる瞬間が好きである。

         A__a

で、セザンヌさんだが、彼の色と造形の解釈が印象派や前衛芸術運動に与えた影響についてチョットはわかった気がする。
そして、何故彼が「近代絵画の父」と呼ばれたのか?
20世紀の前衛芸術運動を担ったピカソやゴーギャン、マティス、モディリアーニたちは、画家のポール・セザンヌの存在を、尊敬の念をこめてそう呼んだという。

セザンヌへの礼讃とその影響を改めて認識した今日この頃である。

|

« 関東ふれあいの道「三浦・岩礁のみち」と「エナビレッジ」のキンメ | トップページ | 横浜美術館 »

美術館・博物館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/43576748

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜美術館  「セザンヌ主義」:

« 関東ふれあいの道「三浦・岩礁のみち」と「エナビレッジ」のキンメ | トップページ | 横浜美術館 »