« 夕暮れ時の稲村ヶ崎 | トップページ | あるスキャンダルの覚え書き »

2008年12月24日 (水)

ダイスをころがせ!

          Photo

ダイスをころがせ! (単行本)
真保 裕一 (著)

衆議院では本日(12月24日)午後の本会議で、参院から送付された民主党など野党3党提出の雇用対策関連4法案を、与党の反対多数で否決した。
で、明日(12月25日)で第170回臨時国会が終わるのだが、実質は先週で終了しており、代議士先生方は来るべき解散・総選挙に向けて地元に帰るわけなのだが総選挙は何時行われるのか?

政治に不信感を抱きつつも自分には関係ないと思い込み選挙に行かない人達が多い。
そして投票したいと思う理想的な候補者がいないのも事実である。
じゃ、自分が立候補しましょう。ということで正義と理想に燃えた一人の男が立ち上がる。
そしてこの小説はスタートする訳だが、この立候補した友人に頼み込まれて応援するのがリストラされた主人公である。

何だか今の世相を反映しており実にタイムリーなテーマなのだがこの小説が発表された2002年当時の世相は、鈴木宗男、辻元清美、田中真紀子など、有名政治家の逮捕や辞職が続出し、北朝鮮に拉致された日本人5人が帰国しているという小泉内閣がバリバリ元気な頃である。
世相的には今の方がマッチしていますな。

そして、与えられた参政権(一票)という、「手の中のダイスをころがして」政治を変えるという意識を持たなければイケナイと感じる今日この頃である。
皆さん投票に行きましょう!

|

« 夕暮れ時の稲村ヶ崎 | トップページ | あるスキャンダルの覚え書き »

Books」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/43530308

この記事へのトラックバック一覧です: ダイスをころがせ! :

« 夕暮れ時の稲村ヶ崎 | トップページ | あるスキャンダルの覚え書き »