« TBS「情熱大陸」宮内寿和氏、そして日本建築を想う。 | トップページ | バラク・オバマとマーティン・ルーサー・キング・ジュニア »

2008年11月11日 (火)

有頂天家族

   Photo

有頂天家族 (単行本)
森見 登美彦 (著)

「牛丼を美味しいと思う純粋な気持ちを失わずにいたい」と思い牛丼を食らう狸。
そして蛙になった狸は“偽電気ブラン”を浴びつつ飲み偽叡山電車に変身し洛中を駆け
抜ける。

荒唐無稽 奇想天外 奇奇怪怪。

京都を舞台にした狸と天狗と人間が入り乱れるスラップスティック冒険活劇。
小気味の良い会話はまるで江戸弁の如き軽妙さ。
京都なのに“江戸”の小粋を行間から漂わせるテンポの良い文体に酔いしれ、
知らずに摩訶不思議な森見ワールドに引き込まれてしまう。

そういえば“偽電気ブラン”ならぬ電気ブランは浅草は神谷バーが本家本元名物の酒。
神谷バー三種の神器とは“電気ブラン”にチェサー代わりの“ビール”そして“煮込”である。
けだるい昼下がりの午後に神谷バーで電気ブランを飲みつつ悠久の時の流れを感じるの
もオツなもんである。
そして目を閉じれば“偽叡山電車”が洛中を駆け抜ける様が色鮮やかに浮かびあがる。

今は秋、秋の夜長に“電気ブラン”や“赤玉ポートワイン”を飲みつつ京都の狸に思い
を馳せページをめくる。
読書という最高のエンターティメントを楽しみませう。

|

« TBS「情熱大陸」宮内寿和氏、そして日本建築を想う。 | トップページ | バラク・オバマとマーティン・ルーサー・キング・ジュニア »

Books」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/43085218

この記事へのトラックバック一覧です: 有頂天家族 :

« TBS「情熱大陸」宮内寿和氏、そして日本建築を想う。 | トップページ | バラク・オバマとマーティン・ルーサー・キング・ジュニア »