« 「うみかぜ祭~Bestival 6~」 | トップページ | よこすか産業まつり2008 »

2008年11月 2日 (日)

丹沢-表尾根

今日は天気もまずますなのでトレーニングを兼ねて丹沢の表尾根を歩く。
秦野駅 7:35発のヤビツ峠行きバスは発車時刻ごろには折り返して駅の階段までつづく長蛇の列になり、臨時便が増発されていた。

   A_a

三ノ塔から塔ノ岳方面を望む。

   A_b

烏尾山は紅葉に囲まれていた。

   A_c

塔ノ岳から富士山を望む。
薄雲の天候が幻想的な富士を浮かび上がらせていた。

   A_d

大勢の登山客で賑わう塔ノ岳山頂

適度に鎖場もあり飽きの来ないルートだが自然破壊により尾根が崩れている個所がいくつかある。

登りでは追い抜かれることはほとんどなかったが、降り(大倉尾根)では笑う膝をかばってソロリソロリの下山なのでひっきりなしに追い抜かれる。
驚いたのは60過ぎのオジイサマが短パン姿でワタクシの傍らを駆け抜けていったことである。

今回の山行はトレーニングということで必要最小限度の装備で軽量化を図ったタイムトライアル。
ヤビツ峠発8:15分で大倉バス停着14時30分。
トレーニングを重ねればあと30分は切れるか?

膝の筋力強化を痛切に感じた今日この頃である。

|

« 「うみかぜ祭~Bestival 6~」 | トップページ | よこすか産業まつり2008 »

ハイキング&トレッキング」カテゴリの記事

コメント

私も数年前に塔ノ岳に登りましたが、まさか日帰りとは信じがたいです。
蓑毛から登り始め、山頂の尊仏山荘に着いたころは日も傾き、それ以上は動けないザマでした。
写真を拝見し、あそこから見た富士山は本当に神々しかったことを思い出しました。

投稿: しん坊 | 2008年11月 3日 (月) 20時33分

しんぼ坊さん、コメントありがとうございます。
ワタクシの場合、ヤビツ峠までバスで行きましたからね。
で、昼前には塔ノ岳に着くことが出来ました。
登りには自信があります!
降りはヘロヘロでしたが・・・

20代の頃はある山岳会に所属していて本気でカラコルムの未踏峰を目指したこともありましたが、今ではメタボ気味のオジサンです。
 
そして富士山は来年25年振りに登る予定です。

投稿: take4 | 2008年11月 4日 (火) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/42992340

この記事へのトラックバック一覧です: 丹沢-表尾根:

« 「うみかぜ祭~Bestival 6~」 | トップページ | よこすか産業まつり2008 »