« めん徳二代目つじ田 | トップページ | 丹沢-表尾根 »

2008年11月 1日 (土)

「うみかぜ祭~Bestival 6~」

       A_a

うみかぜ祭」とは平成町にある神奈川県立保健福祉大学で開催される大学祭のこと。
そして“Bestival”とは“Best Festival”の略称であり、造語で、今回で第6回目にあたる。

この建物の設計は東畑建築事務所で、キャンパスの最大の特徴は、2列に平行に並ぶ建物に挟まれた『交流プラザ』とそこを覆う約10,000m2の大屋根である。
ガラス張りのエレベーターシャフトや階段・ホワイエ・カフェなどが印象的。

この大学が設立される経緯には紆余曲折?あったらしいが、こうして6年目を向かえ地元と密着した雰囲気が実に好ましい。
そして、学生たちが活き活きと接客している姿が印象的である。

 A_b_2 A_c

 A_d A_e

福祉とはいったい何ぞや?
社会的に行う相互扶助や援助活動なのか?
その意義と社会的に(自治体の)取り組む姿勢の現状はどうなのか?
断片的にキーワードだけが浮かび、現実の問題点が脳裏をかすめる。

しかし、ここで学んでいる学生達を見ていたら、日本の福祉の将来も見捨てたもんではないなぁ・・・と望みが湧いてきた今日この頃である。

|

« めん徳二代目つじ田 | トップページ | 丹沢-表尾根 »

逍遥雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/42977416

この記事へのトラックバック一覧です: 「うみかぜ祭~Bestival 6~」:

« めん徳二代目つじ田 | トップページ | 丹沢-表尾根 »