« ご近所探索「赤門」Part2 | トップページ | 2008年 国際航空宇宙展(JA2008) »

2008年10月 4日 (土)

六国峠ハイキングコース

毎度毎度のことなのだが、昨日(金曜日)に摂取したアルコールを搾り出すためウォーキングに出かける。
行き先は横浜市最高峰の山である大丸山。で、標高は 156.8m。
この大丸山が横浜市最高峰の山であると知ったのは今年の3月に京急が行なった「大丸山を登ろう」というキャンペーンで、これは横浜市とタイアップして行なわれていた。

金沢文庫からアクセスするのだが、金沢動物園からも近い。それにしてもこんなところに横浜市最高峰の山があるとは知らなかった。
そして近くには2番目に高い円海山もある。こちらの標高は153.6m。

このあたりの緑地は横浜市内でも最大クラスのもので自然遊歩道などが整備されている
今回は金沢文庫から能見堂跡を経て、鎌倉天園にまでつながる六国峠ハイキングコースを歩く。

   A_
六国峠入口(チョット分かりづらい)

元禄時代、明の心越禅師が山の上にあるこの能見堂から見た景色を故郷の瀟湘八景になぞらえて七言絶句の漢詩にして詠み、これが金沢八景の名の由来といわれている。
で、この瀟湘の南部が「瀟(しょう)湘湖南」であり、これが湘南の語源である、従って八景から南が湘南というのは歴史的に正しいのである。

   A__2
能見堂跡
今は、木々が茂って視界をさえぎり、かっての入江は建物に埋め尽くされ、往時の景観を望むことは出来ない。

   A__3
大丸山山頂からの眺め

大丸山から鎌倉の天園まではアップダウンが少なくて歩きやすい山道である。
トレイルランニングのトレーニングには最適で多くの方が走っていた。

   A__a

   A__b

途中には切通しがいくつかあり、中世の昔、鎌倉へ通じる道だったかもしれない。 

   A__4

六国峠からの眺め

そして鎌倉最高峰である大平山(159.4m)を登り覚園寺へ下り、八幡宮を経て鎌倉駅に向かう。

小休止を含め所要時間は3時間30分。ほどよい汗をかき、アルコールも搾り出し?軽い疲労感が心地よい今日この頃である。

|

« ご近所探索「赤門」Part2 | トップページ | 2008年 国際航空宇宙展(JA2008) »

ハイキング&トレッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/42686778

この記事へのトラックバック一覧です: 六国峠ハイキングコース:

« ご近所探索「赤門」Part2 | トップページ | 2008年 国際航空宇宙展(JA2008) »