« うどん工房さぬき | トップページ | 第32回よこすかみこしパレード »

2008年10月18日 (土)

「三浦アルプス」と電波のアレコレ、そして「MILESTONE」

この日は友人達と予てから計画していた「三浦アルプス」の縦走に出かける。
コースは森戸川源流から二子山そして馬頭観音を経由して田浦梅林に抜けるもので、
このコースは去年も歩いている

森戸川源流の林道はいつ歩いても気持が良い。
で、同行者である友人達はワタクシと同年代、というよりは同級生である。
互いに人生のターニングポイントである50歳を超えある意味で悩み多き年頃?でもある。

   A_a

二子山山頂へ向かう2人の背中には哀愁が漂っている。
これは人生の悲喜こもごもを背負い、人生という山を登りつめてきた“業”がオーラとなっているのか?
かくゆうワタクシの背中にもこのオーラが漂っているのだろうな、とつらつらと思っていたら山頂に到着。

   A_b

山頂ではアマチュア無線の愛好者の方が移動運用で盛んに交信をしていた。
アンテナは東京方面を向いていたのでかなりの数の局と交信出来たと思われる。
アンテナと指向性は関係があるのだが、ここで昔の出来事を思い出した。

時は1983年、場所は中米にある小さな村、仕事で1年以上ここに滞在していた。
で、ある日の深夜のことである。なかなか眠れずおもむろにスイッチを入れたラジオからニッポン放送が聴こえた時には正直驚いたことがある。雑音交じりで微かに聞こえる程度だがハッキリとニッポン放送と告げていた。
地球の裏側でも条件がよければラジオが聞こえるという事実なのだが、人に話しても信じてもらえそうにもないので今まで誰にも話してはいなかった。

電波って不思議である。で、2011年に運用される「地デジ」だがこれは今までのアナログ放送は違い途中に障害物があってもキレイに受信できるという。これは最近ケーブルTVの営業から聞いた話で本当らしい。で、彼らはこれに危機感を持っているのである。そりゃ~そうだ、今まで谷間でTVの映りが悪かったからケーブルTVと契約した人が殆んどだろう。谷間でもクッキリ写るとなるとアンテナ派が増えるかもしれないなぁ~。

で、話は戻り「三浦アルプス」である。

馬頭観音付近でチョット迷った。
同行者から冷たい叱咤の視線、そして非難轟々の罵声が飛ぶ。
ヤダヤダ、年をとると怒りっぽくなっていかん。

難所である田浦梅林へ下るロープ場も無事に通過し、田浦梅林で遅めのランチ。
その後田浦駅前まで歩いて“反省会”を行なう居酒屋を探したがこの時間帯では開いている店はなく、横須賀まで移動して「MILESTONE」で反省会。

実はワタクシここを訪れるのは初めてである。
ビールで乾いたのどを潤し、焼酎で疲れた五臓六法に活を入れる。

   A_c

ポテトフライとウインナーがいとウマシ!
で、次回は箱根で紅葉巡りと決定する。

ビールと焼酎が程よく疲れた身体に気持よく回り、まったりと帰路につく。
そして、浮かんだ一句。
「人間は 年を重ねて 丸くなる」オソマツ・・・・

|

« うどん工房さぬき | トップページ | 第32回よこすかみこしパレード »

Foods & Drink」カテゴリの記事

ハイキング&トレッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/42829772

この記事へのトラックバック一覧です: 「三浦アルプス」と電波のアレコレ、そして「MILESTONE」:

« うどん工房さぬき | トップページ | 第32回よこすかみこしパレード »