« 江南飯店・マンゴプリン | トップページ | 好日山荘 さいか屋横須賀店 »

2008年9月27日 (土)

日光・東照宮

       2

昨日から仕事関係で栃木まで行く。
で、今日は時間をつくり日光は東照宮まで足を伸ばす。
日光は実に20数年ぶりで、その間の平成11年 (1999)には、人類のかけがえのない宝として、ユネスコの世界遺産条約に基づき『世界遺産』に登録された。

鳴き竜で有名な薬師堂は当時改修工事中で見学は出来なかったが今回は鳴き竜の凛とした余韻のある音を楽しむことができた。

この東照宮の主祭神はご存知「徳川家康」だが、他に「豊臣秀吉」そして「源頼朝」も主祭神なのである。
日光あるいは江戸に関する本を読んでいると「日光は江戸の鬼門に当たる」「江戸の鬼門封じに寛永寺が建立されその延長線上には日光がある」などいう記述を見かける。

平安京も鎌倉も江戸も風水の四神相応の考え方に基づいて計画されていることは有名な話。
この詳しい説明は機会を改めて行なうとして、さて「鬼門」についてだが、「鬼門」そして「裏鬼門」を忌むのは日本独自の考え方であるらしい。

平安京の鬼門の方向に比叡山延暦寺を配し鬼門を封じ、“守護神”とした。
江戸の場合は、鬼門の方角に琵琶湖に見立てた不忍池を作り、比叡山延暦寺ならぬ東叡山寛永寺が置かれ鬼門を封じた。
で、その延長線上に日光の東照宮があるということなのだが、実際には東照宮は江戸の真北にあたる。そして山道が微妙にずれて鎌倉は八幡宮を向いており、八幡宮からみた鬼門の方角に東照宮があるとも見られる。

では何故?江戸の真北に東照宮があるのか?
北と言えば北極星である。で、この北極星が宇宙を支配する天帝とする信仰である、密教の「北辰北斗信仰」に基づき、江戸の真北で、北極星が頭上に輝く日光の地に家康公を埋葬することで、さらにその霊力を高めようとしたのだとも言われているが、真実は未だに不明である。

そして、この東照宮の工期だが三代将軍家光の命により約1年6ヶ月の短期間で完成させた。
この事実に建築関係者として改めて驚嘆した今日この頃なのである。

|

« 江南飯店・マンゴプリン | トップページ | 好日山荘 さいか屋横須賀店 »

建築」カテゴリの記事

歴史・考古学」カテゴリの記事

コメント

東照宮に行っていらっしゃったんですか!
うちの息子も丁度、修学旅行で行っていたはずです。

私の職場は溜池です。目と鼻の先ですけど、
take4さんの方が遠いですね。

投稿: アレ | 2008年9月29日 (月) 07時04分

こんばんは、アレさん。
そういえば東照宮には修学旅行の小学生達が大勢来ていました。また、外国の方も多いですね。

溜池ですか、実はワタクシも8年ほど前には赤坂の氷川公園の近くに仕事場がありました。
TBSが近かったので有名人のお方を見受けました。
互いに距離通勤を頑張りましょう。

投稿: take4 | 2008年9月29日 (月) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/42612034

この記事へのトラックバック一覧です: 日光・東照宮:

« 江南飯店・マンゴプリン | トップページ | 好日山荘 さいか屋横須賀店 »