« 渋さ知らズ | トップページ | ご近所探索「八百幸本店」 »

2008年9月10日 (水)

擬態―カムフラージュ

      Photo

擬態―カムフラージュ (海外SFノヴェルズ) (単行本)
ジョー・ホールドマン (著), 金子 司 (翻訳)

地球外生命体、というよりは異星人といったほうがしっくりする<主人公>が百万年も前から地球を学び、生物をなまび、そして人間を学び、人間として生きていく過程が興味深い。
異星人から見た人間の不可解な思考や行動様式に我々(人間も)も考えさせられる。
そして次第に認知されていく小さな感情。
光輝くラストにはチョット憧れてしまった。

この小説、映画化には向いていないかもしれない。
百万年という時の流れや、思考過程を2時間で表現するのは無理だからである。
技術的には「ターミネーター2」が製作出来たのだから問題はないと思うのが・・・・

|

« 渋さ知らズ | トップページ | ご近所探索「八百幸本店」 »

Books」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/42439155

この記事へのトラックバック一覧です: 擬態―カムフラージュ :

« 渋さ知らズ | トップページ | ご近所探索「八百幸本店」 »