« 横須賀バーガー | トップページ | iタッチ・ガイドシート »

2008年9月20日 (土)

「フェルメール展 光の天才画家とデルフトの巨匠たち」

       Aa__2

ワタクシ、絵画はあまり詳しくはない。詳しくはないが幼少の頃から叔母にレンブラントやらミレーの絵画展に連れていかれて本物は良く観ている。観ているのに詳しくはなく、また観に行こうという意欲もあまり湧かなかった。
何だか支離滅裂な文章になってしまったが、要は絵画にはあまり興味がなかった、ということである。
そのワタクシの価値観をスコーン!と打破したのが小林頼子女史であり、フェルメールなのである。

あるテレビ番組であまりにもフェルメールを熱く語る小林頼子女史の語りに引き込まれて以来ワタクシもフェルメールの虜なのである。

で、去年は国立新美術館開館記念で生?フェルメールの「牛乳を注ぐ女」と初対面!
イヤイヤこの展覧会は本当に良かった。

で、一年後今度はフェルメール作品がナント!ドドーンと7作品も来るという!
東京都美術館で催されている「フェルメール展 光の天才画家とデルフトの巨匠たち」である。
これは観なければならない。フェルメール作品の約1/5が来るのだから・・・

       _a

             「手紙を書く婦人と召使い」

「絵画芸術」は出品中止となり、そのピンチヒッター「手紙を書く婦人と召使い」がやってきたのだが、これはこれで良かった。
フェルメール絵画の見所は分かっているが今回はフェルメール・ワールドのドラマに誘われてしまった。
例えば「手紙を書く婦人と召使い」の床に捨てられているくしゃくしゃに丸められた手紙には何が書かれていたのか?
窓の外を見ている召使いは一体何を見ているのか?
婦人は手紙にどんな想いを託しているのだろうか?

一枚の絵画から湧き上がるイマジネーションの世界をゆるりと堪能できた「フェルメール展」である。

|

« 横須賀バーガー | トップページ | iタッチ・ガイドシート »

美術館・博物館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/42538674

この記事へのトラックバック一覧です: 「フェルメール展 光の天才画家とデルフトの巨匠たち」:

« 横須賀バーガー | トップページ | iタッチ・ガイドシート »